自己分析

転職を考える年齢って何歳くらい?実例をもとに紹介!

新卒で就職して、定年までそのまま同じ企業で働いているという人は、男性で32%、女性で6.5%*1です。私はこの数字を見てこれまで終身雇用と言われてきた日本において、転職しない人は非常に少ないと、転職が一般的になったんだなぁと思いました。終身雇用制が基本の日本では、一旦採用を決めたら、定年になるまでずっと働き続けてもらうという雇用関係になっています。とはいえ、最近では終身雇用制が一番いいとする価値観が変わり、別の働き方を模索する人も増加しています。このような時代背景の影響もあり、この先もいま勤めている会社でずっと働いていくべきなのかどうかと転職について考える人も増えてきています。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

最初のターニングポイントは?25-7歳の転職

もっと早く第二新卒として再度就職活動を行う方もいますが、今回はあくまで転職としてのポイントを書いていきたいと思います。最初のターニングポイントは入社して3年の時期です。石の上にも3年と言いますが、早い人ではこの時期までにある程度の経験を積んで一度転職をします。多いのは少し小さな会社に入社して営業で成功して、新卒の時には入れないような会社に営業職で転職するパターンです。私の会社にもこのようなパターンで多くの方が入社されます。昔のように新卒のほうが出世に有利という事もなく、良い選択だと思います。

一番転職が多いのは?30歳の転職

大体、30歳までが転職をするチャンスだといいます。30歳前後になると今までの実績とスキルを活かして転職をする人が増えてきます。社会人として働いてきた実績や経験に基づいて、さらなるキャリアを積むために転職をするタイミングとしては、30歳前後が適しています。30歳前後では、これまでやってきた実績を見せることもてきますし、即戦力になれるだけの知識や資格も持てています。経験を基にしたキャリア転職と比べると少し敷居が低いのも特色で、この時期に転職してもまだ半人前の部分があってもトレーニングなどでカバーする、経験して成長していく、など、許される年齢です。私も30歳を目前で転職を経験しました。しっかりとした基礎力はありながらも、その後も成長することでしっかりと転職先でもキャリアを積むことができました。

経験を基にしたキャリアアップ。30代の転職

男女どちらでも、一定の年齢を越えるととたんに転職の見込みは立てづらくなってしまいますので、30代のうちに転職を考えてみてください。経験の中でしか培うことができない技術や判断力なども、10年を超えた社会人生活で身に付けられている年代が30代です。もっと高給取りになれる企業に勤めたい人、将来の成長が見込める会社に移っておきたい人などがいます。また、これ以上年齢を重ねてしまうと転職がより難しいものになってしまうという点も、転職を考えるようになるきっかけの1つといえるでしょう。まだ自分の軸が見つかっていない方は35歳くらいまでに転職して、40歳に向けてしっかりとキャリアを詰める体制を整えておくことが必要です。

最後のチャンス?45歳の転職

ある程度管理職として経験を積んだ人に対しては45歳をきっかけに、残りの15年で最後に何を成し遂げたいか?を考えて転職する方が多いです。45歳から50歳で転職して、より大きな範囲の仕事をかまされる職責か、より大人数のチームをまとめるポジションを目指して転職をします。ここで転職できる人は、スキルも経験も相当のものが必要になってきますし、それがある人であれば、より良い待遇で仕事ができることになります。自分のこれまでの20数年で培ってきた経験とスキルを使って、最後に何をしていきたいのか、が重要になります。

転職したいけどスキルや経験に不安がある人は?

転職したいけど、自分の年齢と求められるを見た場合に、少し不安だなぁと思われる人は多いでしょう。そういった方には転職エージェントのサービスを使用することを強くお勧めします。プロのコンサルタントが転職にまつわる相談に乗ってくれます。また今のスキルレベルや経験のレベルでどういった職業につけるか?も忌憚なく意見が聞けますし、少しチャレンジングな求人にも一緒に挑戦してくれることでしょう。

それではおすすめのエージェントBEST3!を紹介致します。

おすすめ転職エージェント・転職サービス

20代専門の就職サポート「ウズキャリ」会員登録

とにかく手厚いサポートで内定率が違います。20代に特化したサービスを展開。

マイナビキャリレーションが提案する新しいオフィスワークのカタチ

事務職の求人に強い。新しい働き方を手に入れたいあなたに

★パーソルチャレンジの就労移行支援サービス・ミラトレ★

専門資格をもったスタッフによる一人ひとりに寄り添った支援 ・高い実績 「就職率98%」「職場定着率80% ※就職後半年後の定着率」 ・障害のある社員300人超が活躍してる特例子会社だからこそ培った就労継続ノウハウを活かしたトレーニングプログラム

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

まとめ

いかがでしたか。自分の年齢によって転職に対する考え方が変わってくると思います。その年齢に合わせた転職を考える必要がありますが、その転職のために必要なスキルや経験も変わってきます。どの程度のスキルや経験がいつまでに必要か、と逆算することで有利に転職人生を歩めそうですね。“咲くべきところで咲きなさい”がこのブログのテーマです。皆さんの実力が発揮できる最高の場所を探してください!

引用リンク *1首相官邸「人づくり革命 基本構想 参考資料」

-自己分析
-, , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5