就活の自己PRと仕方。面接とエントリーシートのコツ

新卒の就活 自己分析

就活の自己PRはどのように行えば良い?エントリーシートや面接におけるアピールの仕方

就活において悩むことの一つとして、「自己PR」をどのようにすれば良いのかということが挙げられますよね。

エントリーシートに記入する場合もありますし、面接で聴かれることもあったりします。

採用に大きな影響を与える項目なので、事前にしっかりと対策を練っておく必要があると言えるでしょう。

この記事では、そんな「就活を有利に進める為に必要なエントリーシートと面接の自己PR方法」について解説していきたいと思います。

エントリーシートの自己PRはどのように書けばいい?

自己PRは、面接で聴かれるだけではなく、エントリーシートにも記入する必要があります。

企業側としては、応募者の強みや志望動機などの見極めができるので、重点的にチェックするポイントと言えます。

基本的には「志望の動機」「学生時代に最も打ち込んだこと」「自己PR」などを記入していきますが、今回はその中でも「自己PR」をいかに魅力ある文章にするのかを絞って解説しましょう。

自己PRを記入する際、以下のような項目を記入するべきです。

  • 自分の長所(ストロングポイント)
  • 長所によって得られた成果や、その成果を得るための具体的な行動
  • 自分の短所(ウィークポイント)
  • 短所をいかにしてカバーするのか

これらの4つのポイントを記入できれば問題はないでしょう。

しかし、いくらポイントを絞って自己PRが書けたとしても、ダラダラとわかりにくく記入していては評価を下げる原因となってしまうので、わかりやすく自分の魅力がしっかりと伝わる文章で作成しなければいけません。

  • 最後に結論を書くのではなく、結論を先に述べる文章構成にする
  • 成功体験をアピールするだけでなく、しっかりとその中からも課題を見つけ出す
  • ありきたりな長所のアピールではなく、しっかりと「個性」もアピールする
  • 長所や短所、行動などを客観的に判断する

これらのポイントに注意しながらエントリーシートの自己PRを記入していけば、人事側に好印象を与えることができるはずです。

面接で有効な自己PR方法は?

企業側が就活生の自己PRで判断するのは、就活生に性格や人柄、考え方です。

また、就活生の長所が仕事に活かせるかどうか(適職なのかどうか)も併せて判断しています。

「それでは、自己PRをお願いします」

面接官からそう促されると、緊張から用意していた内容が飛んでしまいそうになるものなので、何度もシミュレーションを行いしっかりと自分をアピールできるようにしましょう。

面接官からは、様々な質問をされる可能性があるので、予想される項目の答えを事前に用意しておきましょう。

  • 「長所は何ですか?」
  • 「その長所で得た成果などはありますか?」
  • 「短所は何ですか?」
  • その短所をカバーするためにはどうしますか?

このように、細かく質問をされるケースもありますし、「自己PRをお願いします」といったように就活生にアピール時間を与える企業もあったりします。

基本的には、自己PRとその根拠をしっかりと説明しながらも、その長所をどのように志望する会社で活かすのか(活かせるのか?)を説明することが重要です。

エントリーシートのケースと同じように、「先に自分の長所の発表」を行い、「具体的な成功体験」「成功した中でも見つかった課題とさらなる成長への意欲」、そして「その長所が志望した企業での仕事にどう活かせるか」を完結に伝えていきます。

簡潔に自己PRを終えたら、後は面接官の話にゆだねるようにしましょう。

様々な質問に対する回答例を事前に用意しておくことはもちろん大事ですが、まずは「謙虚な態度」を心掛けるべきです。

どれだけ受け答えの内容が完璧でも、謙虚さがなければ採用される確率はかなり低くなってしまいます。

また、流暢に受け答えをして、志望する企業への長所を活かし方などをアピールできたとしても、やはりある程度の「個性」をアピールできなければ面接官の記憶に残ることはできません。

当然のことながら他にもライバルは大勢いるわけですから、ある程度のアピールでは埋もれてしまう可能性もあるのです。

「自分は個性が強いわけじゃないから、アピールできない」と諦めてしまってはいけません。

極論ですが、「個性がないことすら個性にすることができる」とも言えます。

現在飛ぶ鳥を落とす勢いである人気若手女優の「浜辺美波さん」は、以前インタビューで、「個性がないのが私の個性」という表現をしていました。

個性がないゆえにどんな役柄もこなせるというポイントを「個性」に仕立て上げたのです。

就活生に関しても同じようなアピールの仕方ができるはずですし、しっかりと自己分析できれば他にも違った切り口で個性を作り出すことができるはずです。

まとめ

今回は、「就活を有利に進める為に必要なエントリーシートと面接の自己PR方法」について解説してきました。

エントリーシートや面接で必要となる「自己PR」は、採用する人事側が「性格や人柄、考え方」はもちろん、就活生の長所が仕事に活かせるかどうかの判断材料となります。

長所を発表するだけでなく、「長所によって得られた成果や、その成果を得るための具体的な行動」を具体的かつ簡潔に伝えたり、「その長所をどう仕事に活かせるのか」をアピールすることが重要と言えるでしょう。

ぜひ自分の魅力を最大限にアピールできるような自己PRを時間を掛けて作成し、エントリーシートと面接のどちらでもしっかりと表現できるようにしましょう。

-新卒の就活, 自己分析
-, , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5