転職回数が不利に

自己分析

転職回数が多いと採用されにくい?面接でマイナスイメージを払拭する方法

仕事内容や職場の人間関係で問題があったり、会社の将来性などに不安を感じて転職するということも多かったりしますよね。

また、ステップアップを目的とした転職を行う人も多くいることでしょう。

より自分に合った会社で働きたいと思うのは当然ですが、一つ注意しなければいけない点があります。

それは、「転職回数が増えてしまう」と言うことです。

一昔前よりも転職回数の多さに対する企業側のマイナスイメージは少なくなってきていますが、それでも一定以上の回数の転職をしている人材は「採用されにくい」というのが現実だと言えるでしょう。

この記事では、そんな「転職回数の多さと採用確率の関連性」と「面接でマイナスイメージを払拭する方法」について解説していきたいと思います。

なぜ転職回数が多いと採用されにくくなるの?

現実的に、転職回数が多い人は企業側に採用されにくい傾向にあります。

「転職回数が多い」というと、何回以上だと感じますか?

例えば20代の平均転職回数は「約1~2回」となっているので、3回以上転職を行っていると「多いな」という印象を与えてしまうかもしれません。

30代までの平均転職回数でいうと、「2~3回程度」であることを考えれば、それ以上の回数の転職している人は企業側に「転職回数が多いけど大丈夫かな?」と不信に思われてしまう可能性があるでしょう。

なぜ転職回数が多いと採用されにくくなるのかと言えば、「入社してもすぐに辞めてしまうのではないかという印象を与えてしまうから」、「人物的に問題があるのではないかと思われてしまうから」だと言えます。

企業側としては、戦力として長い年月働いてほしいと思うのは当然です。

3年以上勤めせっかく企業に対して貢献できるスキルや経験を持ったにもかかわらず再び転職してしまわれては大きな損失となってしまうでしょう。

また、人物的な問題があるのかもしれない人材を入社させてしまうと、人間関係の面でトラブルを起こしてしまわないかという不安を感じてしまいます。

本人が再び転職するということ以外にも、「職場の雰囲気が悪くなる(他の優秀な社員が退職する)」というリスクもある為、なかなか転職回数の多い人材を採用できないのです。

面接でマイナスイメージを払拭する方法

転職回数が多くなってしまった事実は変えることができないので、これから自分に合った企業へ転職したいと考えている人は他の人よりも転職活動で苦労をする可能性が高いと言えます。

しかし、諦めてしまっては今以上の環境を手に入れることはできません。

転職回数が多いというマイナスイメージを払拭するような方法を実践して、採用を掴み取るしか方法はないのです。

ポイントとなるのは、「転職理由」と「転職したことで得られたスキルや経験を上手に伝えられるかどうか」でしょう。

転職理由

転職した本人からすると、転職するに至った原因を正当化したいと思うのが当たり前の心理ですよね。

もし自分自身に問題があったとしても、「自分に○○という問題があったから退職しました」と正直に面接で答えてしまっては100%に近い確率で不採用となってしまうでしょう。

ここで絶対にやってはいけないのが、「他責発言」です。

「会社側の対応に問題があり納得できずに退職しました」というように、退職の原因を他者に押し付けているような発言は、それが仮に本当であったとしても良い印象を与えることはできません。

「この人は他責傾向の性質があるな」と判断されてしまう可能性があるので、退職理由はなるべくポジティブな内容にするべきなのです。

もちろん、退職理由を完全に捏造してしまっては人として良くないので、実際に感じていた思いの中からポジティブなものを選んで退職理由にしましょう。

A.「人間関係があまり良くない環境の会社で、なかなか自分もその環境で力を発揮することができなかったので退職しました」

B.「会社組織の中で自分の力を発揮することがなかなかできずにいた中で、もっと成長したいという想いが強くなったため退職しました」

「A」の答え方だと、「会社のせい」にして「現実から逃げている」という印象を与えますが、「B」の答え方であれば組織の難しさを痛感しながら「成長したい」という向上心を持っていると判断されるわけです

転職したことで得られたスキルや経験を上手に伝えられる

面接で非常に重要となるのは、「謙虚さ」と「向上心」です。

転職回数が多いこと自体はマイナスの印象を与えますが、転職するごとに新しいスキルや経験を身に付け、人間的にも社会人としても成長しているということをアピールすることができれば、企業側に良い印象を与えることができます。

その為にも、在籍した1つ1つの会社での「身に付けた資格やスキル、経験」を書き出して置き、面接時に成長していることをアピールするのです。

まとめ

今回は、「転職回数の多さと採用確率の関連性」と「面接でマイナスイメージを払拭する方法」について解説してきました。

30代までの平均転職回数は「2~3回程度」なので、それ以上の転職回数がある人は面接でマイナスイメージを持たれてしまいます。

転職回数が多いというマイナスイメージを払拭するためには、「転職理由」と「転職したことで得られたスキルや経験を上手に伝えること」が重要です。

-自己分析
-, , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5