焦りや不安

自己分析

転職がなかなか決まらないという焦りや不安を解決するためにできること

人間は思い描いたように物事が進まないと焦りや不安などを感じてしまう生き物です。

それは「転職」にも当てはまります。

焦りは判断力を鈍らせてしまう原因にもなりますし、時には間違った選択を誘発してしまう可能性も高まります。

終身雇用や年功序列といったものがなくなった現代では、転職しながらステップアップしていくことがスタンダードな流れとなっています。

それゆえに、転職活動の重要度はとてつもなく高まっているのです。

もしも思うように転職先が決まらないという状況に陥ってしまったな場合、どのようにして解決していけば良いのでしょうか?

この記事では、そんな「転職がなかなか決まらないという焦りや不安を解決するためにできること」について解説していきたいと思います。

転職先が決まらない原因と焦りや不安を解決する方法

思うように転職先が決まらないということは、何かしらの原因があるのは間違いありません。

考えられる原因とその解決法としては以下のようなことが挙げられます。

そもそも転職活動期間の想定が短すぎる

実際に転職活動をしている人たちの中には、「もう2ヶ月以上も転職活動してるのに全く決まらないんだよ」と嘆く人がいたりします。

しかし、自分の理想に近い企業へ転職するということは簡単なことではないので、転職活動期間の想定が短すぎるのです。

「どんな企業でもいいからとりあえず転職したい」

そんな転職理由であれば1ヶ月~2ヶ月程度でも十分に転職可能ですが、「自分の理想に近い企業への転職」となると難易度はかなり高くなるものです。

転職活動の一般的な期間としては、「3ヶ月~半年」と言われているので、まずは「じっくりと時間を掛けて転職活動を行う」というマインドにすることが重要だと言えるでしょう。

希望する職種や企業と自分のスキルや経験がかけ離れている

転職を希望する側が応募する企業を比較検討して決めるのと同じように、採用する企業側もどんな人材を採用するかをしっかり検討しながら決めていきます。

採用する企業側が「妥協して人材を確保する」というケースは、それほど多くはないのが現実です。

ということは、企業側の思い描くスキルや経験、性格といった人物像とかけ離れている場合、何度面接を受けようとも結果は出せないのです。

高望みは転職においてNGであり、自分のスキルや経験をしっかりと棚卸して、高すぎないレベルの企業を狙うようにしなければなりません。

履歴書や職務経歴書、面接の受け答えに問題がある

もしもスキルや経験値が高く、応募先の企業もそのスキルや経験に合ったレベルであるにもかかわらず何度も落ちてしまうのであれば、「履歴書や職務経歴書、面接の受け答え」に問題がある可能性が高いと言えるでしょう。

自分に自信があるタイプの人にありがちなのですが、誰にも頼らず自分の力だけで転職活動を進めてしまうことが多かったりします。

しかし、転職するには一定以上のマナーやルールが存在するため、第三者のチェックが必要不可欠なのです。

例えば家族や友人、信頼できる知人に履歴書などをチェックしてもらったり面接のシミュレーションなどを行い、悪い点がないかどうかをチェックしてもらうのも良いでしょう。

また、転職エージェントに登録し転職活動を行えば、履歴書や職務経歴書の書き方はもちろん、面接に関するアドバイスもしてもらえるので、理想の企業に転職できる確率がグンとUPするはずです。

焦りや不安が消えない場合は「一旦転職活動をやめる」という選択も視野に入れるべき

前述したようなポイントをしっかりと意識しながら3ヶ月~半年ほど転職活動を行ったにもかかわらず転職先が決まらない場合は、「一旦転職活動をやめる」という選択をするのも悪くない判断だと言えます。

人生では「頑張っているけどなぜか上手くいかない時期」も必ずあるものです。

上手くいかない時期が長くなってしまうと、精神的にどうしても落ち込み気味になってしまいますし、その落ち込んだ精神状態によってさらなる悪い出来事を引き起こす可能性もあります。

そんな負のスパイラルに陥らない為にも、一度転職活動をやめて一定期間リフレッシュしたり、新たな資格の取得やスキルを身に付けるといった行動に切り替えるという選択をするのも悪くないでしょう。

まとめ

今回は、転職がなかなか決まらないという焦りや不安を解決するためにできることについて解説してきました。

  • そもそも転職活動期間の想定が短すぎる→じっくりと時間を掛けて転職活動を行う」というマインドにすることが重要
  • 希望する職種や企業と自分のスキルや経験がかけ離れている→自分のスキルや経験をしっかりと棚卸して、高すぎないレベルの企業を狙うようにする
  • 履歴書や職務経歴書、面接の受け答えに問題がある→家族や友人知人に頼ったり、転職エージェントに登録し履歴書や職務経歴書の書き方はもちろん、面接に関するアドバイスをもらう

このように、転職先が決まらない原因をしっかりと把握した上で、その焦りや不安を払拭するような行動をするべきだと言えるでしょう。

こういった適切な転職活動ができれば、おのずと理想に近い企業への転職が決まるはずです。

ぜひ焦らずじっくりと転職活動を行い、ステップアップを目指しましょう。

-自己分析
-, , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5