自己分析

自分の性格に合わせた将来の職業選びは?

自分が将来就く職業について検討する時は、自分の性格に関分析が大事です。性格的に合わない職業を続けることは非常にしんどいものです。仕事は定年するまでの間、ずっと関わっていくものであり、多くの場合1日の30%以上の時間を過ごすものです。そのように多くの時間を自分の性格に合わない環境で過ごすのは精神的にも辛いものです。しっかりと自己分析をして将来の職業を選びましょう。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

性格に合わせた職業選び:①自分の性格を知ろう

人と触れ合うことに楽しさを感じるか、1人でコツコツ作業することか好きかなどです。自分の性格を客観的に把握することが大切です。小さな子供との時間がやりがいを感じたり、介護に達成感を抱いたりとどんな気持ちを自分が持っているかはわかりにくいようです。どんな結論を出すかで今後の方向性が大きく変わりますので、しっかりと自己分析をする必要があるでしょう。

性格に合わせた職業選び:番外編 自己分析の方法

自己分析の方法も紹介しましょう。私が学生の方々の自己PR等を拝見する中で感じることは、“完成させるという結果を急ぎすぎていること”と“かっこいい言葉を使いたくて抽象的になりすぎている”ということです。まずは高校時代・大学時代に自分がやったことを書き並べて、それをなぜやったのか、どういう気持ちでやったのか、を正直に書いてみてください。それを書き並べることで自分の性格分析の素材が出来上がります。会社に提出する書類の前段階なので、カッコつけずに自分の素直な気持ちを書くと本当に自分の向いていることがわかります。モテたいという思いで始めた部活がきつかったけど頑張った、という経験があったとします。そういった方は人からかっこいいと見られるような仕事であれば少々辛くても耐えられるという風に読み取れるのです。ここまで読んでも性格分析が難しいという方は、有料のサービスを使うことによって短期間で分析ができます。ココナラなどのサービスを使えば安価で良いサービスを受けられます。

それでは戻りましょう。次は自分だけでやらずに客観的な意見を取り入れる方法です。

性格に合わせた職業選び:②適性テストを活用しよう

適性テストによって自分の中に眠っている可能性を掘り起こし、将来の職業を見極める上の方針固めにするという方法もあるでしょう。適性テストや性格診断には色々な内容がありますので、それらの結果を参考にして、将来の職業をどうするかを俯瞰の視点で判断します。協調能力はあるか、感情の起伏は安定しているか、仕事への熱はあるか、コミュニケーション力はあるかなどがテストの焦点となります。適性診断を採用試験の1つに組み込む企業が最近増えているという事実は、その人の適性や性格が仕事の向き不向きに重要な影響を及ぼしているということがわかります。将来の職業を検討する上で、適した仕事が見つかれば考慮をしてみることもできるでしょう。適性を自覚した上で仕事をすることで、最初のうちは気が進まずとも、いざ取り組んでみると面白さを発見できるという、望ましい将来の職業の形を得ることも可能です。

性格に合わせた職業選び:③バイトなどの経験から考えよう

将来の職業を選ぶ上で、自分の適性がある職業とやりがいを感じる職業が全く別という方も少なくないようです。そういった人は自分の経験を振り返ることをお勧めします。バイトの経験がある人はそのバイトの中でどのような仕事が得意だったか。作業によって自分が得意かどうか、があったと思います。そういった自分の好みを参考に自分の職業を探してみるのもいいと思います。また、そういった経験のない人は、時間や環境が許すのであればバイトなどの経験を学生時代にしておくのも必要かと思います。部活等でバイトをする時間のない人に関しては大丈夫です。部活は競技だけではなく、そのほかにもたくさんの活動をしているのが実情です。それを言語化すると自分の性格や適性が見えてきます。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

まとめ

いかがでしたか。自分の性格を考えることは非常に大切です。自分を知るためには、自己分析、適性検査、過去のバイトなどの経験から分析していくのが良いと思います。そこで

-自己分析
-, , , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5