就活がしんどい時の対処法

自己分析

就活がしんどい場合の対処法とは?

大学生にとって避けては通れない「就職活動」ですが、スムーズに就職先が決まるほど簡単なものではありません。

多くの就活生が、肉体的にも精神的にも追い込まれてしまい、就活に意義さえも見失ってしまうこともあるでしょう。

そんな「就活がしんどい状態」に陥ってしまった場合、どのようにして対処するべきなのでしょうか?

「就活がしんどいのは当たり前だから、頑張るしかない」と思う人もいるかもしれませんが、そのような根性論だけでは理想の企業からの内定は勝ち取ることができないのです。

ある程度の肉体的、精神的な余裕を持って就活を行うことができれば、面接なども緊張しすぎず対応することができますし、常に最善の選択をすることができるため、「今何をすべきか?」といった悩みを抱える必要もなくなります。

いかにして就活の「しんどい」を軽減できるかが、就活生にとって重要なポイントと言えるのです。

この記事では、そんな「就活がしんどい場合の対処法」について解説していきたいと思います。

就活がしんどくなってしまう理由

大学生が就活をしていくと、必ずどこかで「しんどい」という気持ちに陥ってしまうものです。

具体的な「しんどくなってしまう理由」としては、以下のようなことが考えられます。

内定が決まらず自分に自信が持てなくなるから

就活をしていく中で、同じく就活を行っている友人たちが次々に内定を勝ち取っていくと、大きなプレッシャーとなっていき、しんどくなってしまうものです。

「なんで自分は内定をもらえないんだろうか?」

「もしかして自分は魅力がない人間なのかも」

そんな風に自信が失われていってしまいがちなのです。

就活にしんどくなり、精神的な余裕がなくなることで余計に内定がもらえにくくなってしまうといった負のスパイラルに陥ってしまう可能性もあります。

何が正解かわからないから

就活を始めた当初は、「自分は○○という企業に就職したい」、「○○関連の企業を希望する」というように理想を掲げて動き始めるのですが、就活をしていくとその理想を断念しなければならないことも多かったりします。

「○○関連の企業では内定が取れなかったから、希望とは違う業種に応募しよう」というように、いつしか希望する企業に就職するためではなく、「内定をもらうために就活してしまう」のです。

そんな理想と現実とのギャップのはざまで、「何が正解なのかわからない状態」となってしまうため、しんどくなってしまうのです。

応募書類を書いたり面接や適性検査対策などやることが多すぎるから

就活は思った以上にやるべきことが多いものです。

就活は企業へ面接に行くだけではなく、説明会の参加や応募書類の作成、面接対策、スーツや持ち物の用意、適性検査対策といったように、やるべきことが非常に多かったりします。

特に就活に対してポジティブな意識でいない人にとっては、こういった「やるべきこと」をこなすだけでしんどくなってしまうものです。

緊張することが多いから

企業での面接や適性検査はとにかく緊張します。

特に面接では、目の前に応募企業の人事担当者が複数人並びこちらの一挙手一投足をチェックしながら質問してくるので、その緊張感はとてつもなく大きいことでしょう。

なかなか内定がもらえず、何度も面接を繰り返さなければならない場合は、その都度緊張感を味わうこととなる為、大きなストレスを感じしんどくなってしまうのです。

就活がしんどい場合の対処法

もしも就活を始めてしんどさが現れてしまったら、我慢強く耐えるのではなくしっかりと対処することが重要です。

他者に相談する

自分一人で就活の悩みを抱え込んでしまうと、悩みに対する答えを導き出すことができず余計にしんどくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

そんな時は、「他者に相談をする」という対処法を実践することがおすすめです。

ただし、誰でもいいから相談するのではなく、心を軽くしてくれたり適切なアドバイスをしてくれる人に相談をすることが重要です。

特におすすめなのは、「数年以内に就活を経験した先輩」です。

自分自身も就活の厳しさや辛さを経験しているので、共感をしてくれたり悩みに対する解決法などをアドバイスしてくれるはずです。

自分という存在を見つめ直す

もしもしんどさが増してきてしまったのならば、面接以外の就活の行動予定を多少遅らせたり時にはキャンセルすることで、「自分を見つめ直す時間」を作ることも良い対処法だと言えます。

就活でしんどくなってしまうと、自分が置かれている現状すら把握できないほど余裕がなくなってしまうので、まずは「今自分はどういった状態なのか?」「これからどうすれば良いのか?」をじっくりと考えてみるのです。

もっと極端な言い方をすれば、「自分という存在を見つめ直す」と言うことです。

自分はどういった人間で、「なぜ就活しているのか?」を考えることで、そこから先どのように行動すべきかが見えてくるはずです。

気晴らしをする

前述した通り、精神的な余裕がなくなることで余計に内定がもらえにくくなってしまうといった負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高まります。

こういった負のスパイラルに陥らない為には、一度「精神的な落ち込みを断ち切ること」が必要となります。

就活中なんだから羽目を外さない方が良いという考えの人もいますが、もしもしんどくなってしまったのならば短時間でも気晴らしをしてリフレッシュした方が良いのです。

精神的な落ち込みを一度でも断ち切ることができれば、きっとその後の就活をそれまでよりもスムーズに進めていくことができるはずです。

まとめ

今回は、就活でしんどい場合の対処法について解説してきました。

就活は、様々な理由によって誰でもしんどさを感じてしまうものです。

  • 他者に相談する
  • 自分という存在を見つめ直す
  • 気晴らしをする

必要以上に頑張りすぎると余計に上手くいかなくなってしまう可能性もあるので、これらの対処法をしっかりと行っていくことが重要です。

辛いのは決して自分だけではありません。

もしも就活で内定が取れなかったとしても、人生が終わるわけではありません。

その時はまた時間を掛けて人生の計画を少し変えていけば良いだけです。

ぜひ気負い過ぎず、しんどさを上手にかわしながら就活を進めていきましょう。

-自己分析
-, ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5