外資系企業の社員

企業研究 就職サイト

外資系企業へ転職するメリットと「BIZREACH(ビズリーチ)」が最適である理由

能力の低い人よりも、能力の高い人の方が転職する際の選択肢の幅が広がるのは当たり前ですが、人間は意外と選択肢が多すぎると1つに絞れなかったりするものです。

10代~大学卒業までの期間にたゆまぬ努力をしてきたゆえの贅沢な悩みと言えますが、一定以上の能力があるのならば「外資系企業への転職」を考えてみても良いかもしれません。

現代では、一昔前よりも転職に対する抵抗感が薄れてきていますし、実際に収入や仕事の環境を高めたいのであればステップアップの為の転職をするべきだと言えます。

近年ではより自分に合った企業への転職を助けてくれる「転職エージェント」が多数存在するので、より転職しやすい環境となっています。

そして、そんな外資系企業への転職を視野に入れるのならば、「BIZREACH(ビズリーチ」が特におすすめです。

この記事では、そんな「外資系企業へ転職するメリット」と「外資系企業への転職にBIZREACH(ビズリーチ)が最適である理由」について解説していきたいと思います。

外資系企業って何?

グローバルビジネスの話題の際に高い確率で会話に出てくる「外資系企業」という言葉ですが、具体的に説明するのは難しかったりしますよね。

大まかに解説すると、以下の4つに分類されています。

  • 海外の企業が日本国内で設立した100%子会社
  • 日系企業と海外の企業が共同出資をして設立した会社
  • 海外の企業が日系企業を買収した会社
  • 海外の企業における日本支社

例えば「アフラック」や、「アマゾンジャパン」「Google Japan」「LINE」「ファイザー」「ジョンソンエンドジョンソン」「P&G japan」など、名だたる有名企業が存在します。

外資系企業に転職するメリット

前述した超有名企業などの外資系企業は、明らかに国内の企業と違う印象を受けますが、具体的に外資系企業へ転職するとどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

具体的に挙げていきましょう。

実力主義ゆえに能力が高ければ高い収入と良いポジションを得られる

外資系企業の場合、実力主義であることがほとんどで、「能力が高く結果を出せる人間」が評価されます。

この当たり前とも言えるシステムは、まだまだ本格的に採用している日系企業は少ないのが現状です。

能力が高く成果を上げることができれば、正当に評価され必然的に収入やポジションが上がっていくのです。

人間関係が良い意味でドライ

日系企業の場合、古くから残る「お付き合い」という風習に従わなければならない雰囲気がありますよね。

最近の若い世代の人たちは、飲み会などに参加しないことも増えてきましたが、それでもやはり上のポジションに上がる為には避けて通れないものであると言えます。

しかし、外資系企業の場合はそういった日系企業のような古い習慣はなく、仕事仲間と程よい距離感で良い意味でドライな人間関係を築くことができるのです。

自分の仕事に集中できる

日系企業で働く場合、周りの状況を見ながら組織を乱さぬような働かなければいけませんが、外資系企業の場合は「一人一人が自分に与えられた仕事を責任もって完遂する」ことが求められるので、より仕事に集中しやすい環境だと言えます。

日系企業のように常に気を使いながら仕事をこなすのではなく、いかに合理的かつクオリティの高い仕事を行うかが重要となるのです。

能力の高い日系企業で働いていた人にとっては、この点は特に魅力的に感じるはずです。

ワークスタイルの自由度が高い

日系企業の場合、制服が定められていたりスーツの着用が義務化されていたりしますが、外資系の企業では服装なども自由度が高くなります。

また、働く時間も「フレックスタイム制」であることが多く、テレワークなども積極的に取り入れられています。

自分が成果を発揮しやすい環境を作りやすいことは、非常に大きなメリットと言えるはずです。

語学力が身に付く

グローバル企業ゆえに、社内で英語などの外国語を話す機会が非常に多いのも外資系企業の特徴の一つです。

社内では外国語が公用語となっているケースもあったりします。

様々な国籍の人と仕事ができ、自然と語学力が身に付くというのも、外資系企業の大きな魅力と言えるでしょう。

外資系企業に転職するために必要なスキル

外資系企業への転職を目指すのであれば、一定以上の実績とスキルがなければ難しいと言えます。

特に、以下のようなスキルは必須であると言えます。

英語力

様々な国籍の人が働く外資系企業では、一定以上の英語力がなければ難しいでしょう。

企業によっては、社内での会話がすべて英語というケースもあるくらいです。

外資系企業で働く目安としては、「TOEICで700点以上」という数値になるでしょう。

ただしこれはあくまでも働く上で必須となるスコアであり、転職するにあたって高評価を与える為には800点以上のスコアが必要であるというのが現実です。

900点以上の人は、大きな強みとして転職活動を有利に進めることができるはずです。

コミュニケーション能力やアピール力

日本の企業の場合、与えられた業務を高いレベルでこなしていくという仕事が多くなりますが、外資系の企業では成果主義であり、積極的に自分から動いて成果を出していかなければなりません。

その為に必要となるのが、「コミュニケーション能力」であったり「アピール力」です。

転職する際も、「難しい案件でも成果を掴み取れそうな人材」という部分を見せることができれば、採用される可能性も上がるはずです。

自己管理能力

外資系企業の場合、いかに効率的に最大の成果を挙げることができるかという部分が重要となります。

日本企業のように長時間頑張って成果を出していくというスタンスではありません。

その為、仕事では常にベストのパフォーマンスが出せるように体調や精神面などをしっかりと自己管理していく必要があります。

食事や運動、睡眠、ストレスを溜めない工夫など、常に高い意識で過ごす必要があるのです。

面接の際も、仕事の実績やスキルだけでなく、そういった自己管理能力の部分のアピールをしてみましょう。

外資系企業に転職するなら「BIZREACH(ビズリーチ)」が最適な理由

能力が低い人であれば即刻クビになってしまいますし、そもそも転職することさえできないのが外資系企業というものですが、もしも能力値が高いのならば外資系への転職にチャレンジするのもありだと言えるでしょう。

前述したメリットのように、現代の20代~30代前半の人の価値観に合った働き方ができるはずです。

そして、そんな「外資系への転職」を目指すならば、「転職エージェント」に登録することは必須となります。

特におすすめなのが、知名度抜群の転職エージェントである「BIZREACH(ビズリーチ)」です。

おすすめである理由をいくつか挙げていきましょう。

600万円以上の高収入外資系案件が多数

外資系の求人を多く扱っている転職エージェントはそれほど多くはありません。

大手の転職エージェントも、年収300万円~500万円程度の求人案件がかなり多くなっていて、600万円以上の高収入求人案件は珍しいものです。

しかし、ビズリーチは、「年収600万円以上の求人」を非常に多く扱っていますし、必然的に外資系の転職案件も多くなっています。

なんと取り扱い求人の3分の1が年収1,000万円以上というから驚きです。

公開求人数は56,000件以上、転職後の平均年収は30代で840万円、40代では960万円となっています。

外資系の企業の求人は数ある転職エージェントの中でもトップクラスなので、外資系の企業への転職を目指すならば必ず登録すべきです。

年収600万円以上の外資系企業案件ばかりなので、登録してすんなりと転職先が決まるというのはなかなか難しいですが、粘り強く転職活動を行っていくことで理想の企業に転職できる可能性が上がるでしょう。

転職エージェントは1つしか登録できないというルールはないので、一般的な転職エージェントに登録しながらビズリーチにも登録して、可能な限り良い求人情報を収集できる態勢を作っていきましょう。

スカウトシステム

ビズリーチでは、登録しておくとビズリーチのヘッドハンターからスカウトが届くというシステムもあるので、忙しくてなかなか転職活動に力が入れられないという人でも進めやすいのもメリットの1つだと言えます。

このビズリーチ内には、なんと4600名以上のヘッドハンターが在籍しています。

特にヘッドハンターから直接届く「プラチナスカウト」の場合、書類選考を無条件でパスして面談を行うことができるのです。

複数のヘッドハンターからいくつもスカウトが届きますが、そのすべてに返信をしなければいけないということはありません。

希望に合うスカウトにのみ返信をするスタンスで問題ありません。

ヘッドハンターには、その実績に応じた「ヘッドハンタースコア」が付与されています。

そのスコアはこちら側で確認することができますので、スコアhが高いヘッドハンターに優先して返信するというのも良い方法だと言えるでしょう。

「BIZREACH(ビズリーチ)」の料金プラン

一般的に転職エージェントは無料で利用できるというシステムなのですが、ビズリーチでは無料プランの他に有料プランというものもあります。

それぞれ具体的に解説しましょう。

無料で利用できる「スタンダードプラン」

ビズリーチの「スタンダードプラン」では、以下の3つのサービスを受けることができます。

  • 求人の検索、閲覧
  • 一部の求人案件への応募
  • プラチナスカウトの閲覧と返信

求人を検索して閲覧すること自体は可能ですが、応募に関しては公募している案件や特集求人などにしかできません。

また、プラチナスカウト(厳正な審査をクリアした一流のヘッドハンター)の閲覧と返信だけは可能となっています。

通常スカウトの受信をすることは可能となっていますが、閲覧することはできません。

また、求人検索についても、検索自体はできるものの企業名が非表示となってしまいます。

その為、本格的に外資系の高収入求人へ応募し転職を実現させたいのであれば、有料プラン(プレミアムプラン)を選択することが必須であると言えるでしょう。

プレミアムプラン

プレミアムプランは、無料のスタンダードプランとは違い、以下のようなサービスを受けることができるようになります。

  • すべての求人の検索、閲覧
  • すべての求人に対する応募
  • すべてのスカウトの閲覧と返信
  • ビズリーチプレミアムの各種コンテンツ利用

これらのことが利用可能になるということで、高年収の外資系企業への転職ができる可能性を大きく上げることが可能となります。

年収が750万円未満の会員であれば、「タレント会員」となり、30日間3,278円となり、年収750万円以上の会員であれば、「ハイクラス会員」となり、30日間5,478円の利用料金となります。

無料期間を上手に利用することで費用を抑えられる

前述した通り、ビズリーチのプレミアムプランは、費用面でかなり高額になるので数ヶ月間の転職活動を行っただけでも1万円を軽く超えてしまいます。

じっくりと半年以上かけて転職活動をしようとすれば、2~3万円の活動費が必要となってしまうのです。

しかし、実はビズリーチには「お試し期間」というものがあり、その期間内はプレミアムプランと同じ機能が利用できます。

例えば、基本情報を登録することで30日間ん無料になりますし、スカウトまでの基本ステップ完了で30日間延長、ヘッドハンター5人に返信すると30日間延長、無料体験で7日間延長といったように、クリアすればかなりの日数を無料期間として利用することができるのです。

上手にこのシステムを活用すれば、それほど大きな出費をせずに質の高い転職活動を行うことができるわけです。

ビズリーチのデメリット

ビズリーチは外資系の高収入求人が数多く存在するので、大きなメリットのある転職エージェントですが、いくつかのデメリットがあるのも確かです。

通常スカウトがかなり多い

ヘッドハンターは優秀な人材を常に探しているので、スカウトの数はかなり多くなります。

1つ1つに変身していると、それだけでかなりの時間と労力を使うこととなってしまいます。

プラチナスカウトや理想に近い求人を提示してくれるスカウト以外には返信しないという方法を取らないと、かなり大変になってしまうことでしょう。

コンサルタントのサポートがない

ビズリーチは通常の転職エージェントと違い、専任のコンサルタントが付くということがありません。

それゆえに、一般的な転職エージェントのメリットである「めんどくさい手続きや連絡のやり取りを代行してくれる」というメリットを得ることができないのです。

サポート体制がそれほど充実していないので、自ら積極的に動いていかなければならないのです。

まとめ

今回は、「外資系企業へ転職するメリット」と「外資系企業への転職にBIZREACH(ビズリーチ)が最適である理由」について解説してきました。

  • 実力主義ゆえに能力が高ければ高い収入と良いポジションを得られる
  • 人間関係が良い意味でドライ
  • 自分の仕事に集中できる
  • ワークスタイルの自由度が高い
  • 語学力が身に付く

外資系企業で働くことができれば、これらのメリットを得ることができるのです。

ぜひ「自分の能力に自信がある」という人は、積極的に外資系企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

-企業研究, 就職サイト
-, , ,

© 2022 就活の極意 Powered by AFFINGER5