外資系企業の社員

企業研究 就職サイト

外資系企業へ転職するメリットと「BIZREACH(ビズリーチ)」が最適である理由

能力の低い人よりも、能力の高い人の方が転職する際の選択肢の幅が広がるのは当たり前ですが、人間は意外と選択肢が多すぎると1つに絞れなかったりするものです。

10代~大学卒業までの期間にたゆまぬ努力をしてきたゆえの贅沢な悩みと言えますが、一定以上の能力があるのならば「外資系企業への転職」を考えてみても良いかもしれません。

現代では、一昔前よりも転職に対する抵抗感が薄れてきていますし、実際に収入や仕事の環境を高めたいのであればステップアップの為の転職をするべきだと言えます。

近年ではより自分に合った企業への転職を助けてくれる「転職エージェント」が多数存在するので、より転職しやすい環境となっています。

そして、そんな外資系企業への転職を視野に入れるのならば、「BIZREACH(ビズリーチ」が特におすすめです。

この記事では、そんな「外資系企業へ転職するメリット」と「外資系企業への転職にBIZREACH(ビズリーチ)が最適である理由」について解説していきたいと思います。

外資系企業って何?

グローバルビジネスの話題の際に高い確率で会話に出てくる「外資系企業」という言葉ですが、具体的に説明するのは難しかったりしますよね。

大まかに解説すると、以下の4つに分類されています。

  • 海外の企業が日本国内で設立した100%子会社
  • 日系企業と海外の企業が共同出資をして設立した会社
  • 海外の企業が日系企業を買収した会社
  • 海外の企業における日本支社

例えば「アフラック」や、「アマゾンジャパン」「Google Japan」「LINE」「ファイザー」「ジョンソンエンドジョンソン」「P&G japan」など、名だたる有名企業が存在します。

外資系企業にに転職するメリット

前述した超有名企業などの外資系企業は、明らかに国内の企業と違う印象を受けますが、具体的に外資系企業へ転職するとどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

具体的に挙げていきましょう。

実力主義ゆえに能力が高ければ高い収入と良いポジションを得られる

外資系企業の場合、実力主義であることがほとんどで、「能力が高く結果を出せる人間」が評価されます。

この当たり前とも言えるシステムは、まだまだ本格的に採用している日系企業は少ないのが現状です。

能力が高く成果を上げることができれば、正当に評価され必然的に収入やポジションが上がっていくのです。

人間関係が良い意味でドライ

日系企業の場合、古くから残る「お付き合い」という風習に従わなければならない雰囲気がありますよね。

最近の若い世代の人たちは、飲み会などに参加しないことも増えてきましたが、それでもやはり上のポジションに上がる為には避けて通れないものであると言えます。

しかし、外資系企業の場合はそういった日系企業のような古い習慣はなく、仕事仲間と程よい距離感で良い意味でドライな人間関係を築くことができるのです。

自分の仕事に集中できる

日系企業で働く場合、周りの状況を見ながら組織を乱さぬような働かなければいけませんが、外資系企業の場合は「一人一人が自分に与えられた仕事を責任もって完遂する」ことが求められるので、より仕事に集中しやすい環境だと言えます。

日系企業のように常に気を使いながら仕事をこなすのではなく、いかに合理的かつクオリティの高い仕事を行うかが重要となるのです。

能力の高い日系企業で働いていた人にとっては、この点は特に魅力的に感じるはずです。

ワークスタイルの自由度が高い

日系企業の場合、制服が定められていたりスーツの着用が義務化されていたりしますが、外資系の企業では服装なども自由度が高くなります。

また、働く時間も「フレックスタイム制」であることが多く、テレワークなども積極的に取り入れられています。

自分が成果を発揮しやすい環境を作りやすいことは、非常に大きなメリットと言えるはずです。

語学力が身に付く

グローバル企業ゆえに、社内で英語などの外国語を話す機会が非常に多いのも外資系企業の特徴の一つです。

社内では外国語が公用語となっているケースもあったりします。

様々な国籍の人と仕事ができ、自然と語学力が身に付くというのも、外資系企業の大きな魅力と言えるでしょう。

外資系企業に転職するなら「BIZREACH(ビズリーチ)」が最適な理由

能力が低い人であれば即刻クビになってしまいますし、そもそも転職することさえできないのが外資系企業というものですが、もしも能力値が高いのならば外資系への転職にチャレンジするのもありだと言えるでしょう。

前述したメリットのように、現代の20代~30代前半の人の価値観に合った働き方ができるはずです。

そして、そんな「外資系への転職」を目指すならば、「転職エージェント」に登録することは必須となります。

特におすすめなのが、知名度抜群の転職エージェントである「BIZREACH(ビズリーチ)」です。

ビズリーチは、「年収600万円以上の求人」を非常に多く扱っているため、必然的に外資系の転職案件も多くなっています。

外資系の企業の求人は数ある転職エージェントの中でもトップクラスなので、外資系の企業への転職を目指すならば必ず登録すべきです。

登録しておくと、ビズリーチのヘッドハンターからスカウトが届くというシステムもあるので、忙しくてなかなか転職活動に力が入れられないという人でも進めやすいのもメリットの一つです。

まとめ

今回は、「外資系企業へ転職するメリット」と「外資系企業への転職にBIZREACH(ビズリーチ)が最適である理由」について解説してきました。

  • 実力主義ゆえに能力が高ければ高い収入と良いポジションを得られる
  • 人間関係が良い意味でドライ
  • 自分の仕事に集中できる
  • ワークスタイルの自由度が高い
  • 語学力が身に付く

外資系企業で働くことができれば、これらのメリットを得ることができるのです。

ぜひ「自分の能力に自信がある」という人は、積極的に外資系企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

-企業研究, 就職サイト
-, , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5