就活におけるSNSの影響

企業研究 自己分析

就活で人事側からSNSのチェックをされるって本当?気を付けるべきポイントとは?

就活で希望する企業の最終面接に進んで、「これは採用されるだろう」と確信したにもかかわらず、不採用となってしまうケースも意外と多かったりします。

「なんで不採用になったんだろう」と疑問に思ってしまいますが、もしかしたらそれは「あなたのSNSの投稿を人事側がチェックしたから」かもしれません。

「え?面接だけじゃなくSNSまでチェックされるの?」と驚いてしまう人も多いかもしれませんが、近年では現実にこのようなことが行われているのです。

しかし、問題なのは「マイナスの印象を与えてしまうSNSの投稿」であって、決してSNS自体が悪いというわけではありません。

この記事では、そんな「就活で人事側に悪い印象を持たれない為に気を付けるべきSNSのポイント」について解説していきたいと思います。

企業側が就活生のSNSをチェックすることはあるの?

就活におけるSNSの影響

冒頭でも話した通り、実際に就活生のSNSをチェックする人事も存在します。

「SNSでは自分の名前を出していないから大丈夫」と思っていても、過去の投稿や紐付けされたアカウント、ハッシュタグなどによって意外と簡単に特定できる場合もあるのです。

面接者すべてのSNSをチェックするようなことは時間の関係上ありえませんが、最終面接あたりになり人数が限られてくると、十分にSNSのチェックをする可能性があると言えます。

人事側が就活生のSNSのどのようなところをチェックするのかというと、以下のような投稿内容が挙げられます。

誹謗中傷などを行っていないか

近年有名人に対しての誹謗中傷が話題となっていますし、有名人でなくても友人やお店などへの誹謗中傷を平気でSNSに投稿してしまう人が増えてきています。

本人は悪気があるわけでもなくとしても、人事側からすれば就活生の人間性を疑う要因となるのは間違いありません。

就活に対して愚痴をこぼしていないか

就活は確かに長く苦しい期間ではありますが、「今日もまた面接だよ。これで○○社目だー。」「こんな雨降ってるのに何で面接行かなきゃいけないんだよ」というような愚痴をこぼしてはいけません。

もしもそのSNSの愚痴を人事側に見られたとしたならば、かなりマイナスの印象を与えてしまうことでしょう。

面接で発言した内容と相違がある投稿がないか

面接は限られた短い時間しかないので、人事側が就活生のすべてを見抜けるわけではありません。

取り繕ったその面接内での発言も、実は嘘であったり話を盛っているということが結構あるものです。

もしもSNSでそういった発言が嘘であったり盛っていると人事側が知れば、「この人を採用したい」という気持ちが確実に薄まってしまうでしょう。

飲みすぎやはしゃぎ過ぎといった社会人として恥ずかしい行動をしていないか

もし面接で完璧な受け答えをしたり、完璧な面接書類を作成したとしても、普段から飲み会などで飲みすぎたり、友人などとの遊びではしゃぎすぎているSNS投稿をしていることがわかれば一気にその評価は真逆のものとなるでしょう。

社会人は仕事ができれば良いというものではないので、プライベートもしっかりとコントロールしなければならないのです。

これらの行動や言動をもしSNSで投稿している場合は、最終面接に残っていたとしても不採用となってしまう確率が高くなってしまいます。

人事側に良い印象を与えることができるSNS投稿

ここまで不採用になってしまうような「してはいけないSNSの投稿」を挙げてきましたが、基本的に人事側に良い印象を与えるSNSはこういったNG行動や言動をSNSで投稿しないことです。

そういったマイナスポイントがなければ、それ以外はそれほど人事側の評価に関わることはないでしょう。

「もっと面接で自分をアピールできるようにならなければ」「今月末にある資格の試験に向けて頑張ろう」といったポジティブな投稿であれば、人事に若干の好印象を与えることはできることでしょう。

実名投稿ができるFacebookを上手に活用する

就活中に人事側にSNSをチェックされないような工夫も必要だと言えますし、実名投稿ができるFacebookであっても、投稿や写真の閲覧範囲を友達飲みに変更するといった工夫も必要です。

ただし、「あえて」Facebookを閲覧できるような状態にしておき、人事側に見られることで逆に好印象を与えられるような投稿をするというのも、就活を有利に進める為には「あり」と言えるかもしれません。

まとめ

今回は、「就活で人事側に悪い印象を持たれない為に気を付けるべきSNSのポイント」について解説してきました。

実際に就活生のSNSをチェックする人事は存在します。

  • 誹謗中傷などを行っていないか
  • 就活に対して愚痴をこぼしていないか
  • 面接で発言した内容と相違がある投稿がないか
  • 飲みすぎやはしゃぎ過ぎといった社会人として恥ずかしい行動をしていないか

これらの「社会人として好ましくない資質」があるのかを、人事側がチェックする可能性は意外と高いのです。

自分の名前を出していないから大丈夫だと思っていても知られてしまうリスクがある以上、SNSの投稿内容に気を付ける(社会人を意識した過ごし方をする)というのが重要になるはずです。

-企業研究, 自己分析
-, ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5