自己分析

転職活動をする理由を考えることの重要性

転職活動を始めるにあたって

転職を思い立った時には、まずどういった活動から取り組むべきでしょうか。日本経済は未だ低迷していて、コロナの影響で企業ごとの立ち位置がはっきりとしてきています。そんな中、企業としては、即戦力を採用しようとしている傾向にあります。候補者はこのような状況の中、思い立ったら即座に転職するぞ!という人はごくわずかで、ほとんどの人が企業の情報を集め、業界を分析し、転職の準備をゆっくりと進めていきます。ただ、仕事に関わらず、続けていることを辞めたいと思うのにはなにか大きな理由があるはずです。それは自分の中にあるものであり、企業情報や業界情報を集めるよりも先に自分が転職したい理由を考えてみましょう。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

転職活動を始めた理由を考える

転職をして今とは違うどのような職種につきたいのか、どのような業界で働きたいのか、また自分がどのような役割で仕事をしたいのか、を知ることは、非常に重要であり、転職が成功するか、心配の終わるかの大きな要因になります。まずは自分自身が転職を決意するまでにどう思ったのか、総いったことが原因なのかを探ることが大事です。自分の会社内での人間関係の環境が良くなかったり、働き方に納得がいかない点があったり、会社の場所や給料などで他に望むことがある方もいます。自分が新たな仕事を探す上での希望を明らかにして、プライオリティをつけるためには、転職をしたいと思うようになったこれまでの過程を振り返る必要があります。

転職活動の動機とは?理由を明確にするコツ

転職活動を始める動機を見つけるコツですが、次の5つの軸で考えるのがいいでしょう。①給料・待遇、②時間の融通が利くかどうか、③職種・役割、④業界、⑤会社自体について、です。順番に見ていきましょう。まずは①の給料・待遇です。これは自分の納得感があるかどうかがきめ手なので、自分の今の給与で満足しているのかを確認するといいでしょう。②時間の融通が利くかどうかについては、ワークライフバランスの点から重要視する人も多いでしょう。現状の会社で有給休暇や午前休など、会社で認められている権利をちゃんと講師できない環境にいる人も多いと聞きます。自分の境遇を確認しておきましょう。③職種や役割の変化を希望する人もいます。または自自分の意向とは違った変化に伴って転職を希望する人もいます。自分は問題が無くても、一度考えてみるのがいいでしょう。④業界を変えたいというのは3年目の転職や、30歳、40歳の節目での転職の方に多いです。業界に対して不満がある場合は、同じスキルを活かしながら業界だけを変える転職もあります。⑤会社自体について、ですが、立地や会社の文化に始まり、人間関係や、会社の方針など様々な項目があります。会社はあなたにとって大きな存在ですが、唯一の存在ではありません。企業に対する不満が募っている際には転職をして会社を変えることは可能でしょう。同じ業種で、同じ職種であれば給与や役職などをアップできる可能性もあると思います。

転職活動の動機はプライオリティをつけることが重要

自分自身が転職に対して求めることがいくつもある場合は、自分が優先する順番を決めます。それが転職活動を成功させるカギになってくるといってもいいでしょう。そう簡単に欲しい条件を全てクリアしているような仕事を見つけることはできません。転職を通じて一番手に入れたいものは何なのか?をきっちりと把握しておけば、会社が提示する条件を見てもどの会社がいいか、はっきりと判断できるでしょう。そのうえで、企業のネームバリューやあまりにも給与が良い等、転職前には見えなかったことが見えてきても、自分のプライオリティに合わせて項目ごとに基準を設定し、この条件だけは100%確保したい、などと決めておくことも、転職活動では非常に重要なポイントです。希望的なものの見方をする人などは、物事が思うように進みすぎるとそれ以上の条件はないかとつい条件を増やしがちです。転職先への希望条件の優先順位を明白にしておけば、無駄な迷いを捨てることができます。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

まとめ

いかがでしたか?転職をするという際に企業に求めることは非常に多くなり、自分自身の棚卸しをさぼりがちだと言われています。転職をしたい人には何らかの不満やチャレンジしたい項目があって、初めて動き出すものですが、その理由は一つではないことが多く、複合的なものであることが多いと思います。その際には自身の分析ができていて、項目が洗い出されており、それらのプライオリティがはっきりとしていることで満足のいく転職ができるでしょう。現状の何を変えるために転職活動をするのか、どの条件が満たせればいいかを決めることによって、ブレのない転職活動が可能になります。咲くべき場所で咲くために、自分自身の分析を少しずつ進めていきましょう。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

-自己分析
-, , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5