UターンIターン就職

自己分析

地方の企業に転職するという選択肢はあり?Iターン、Uターン転職のメリットとデメリット

ストレス社会と言われる現代で定年まで働き続けることは、想像を絶する大変さがあるものです。

日々の満員電車や渋滞という通勤の辛さや、仕事のプレッシャー、上司や同僚との人間関係、早足で歩く人々。

そんな喧騒の毎日から抜け出したいと思っている人も非常に多いのではないでしょうか?

そんな人たちが一度は頭に思い浮かべたことがあるであろう「Iターン、Uターン転職」という選択肢は、この時代において幸福を手に入れるために有効だと言えるかもしれません。

豊かな自然、綺麗な空気に水、優しい人々、静かな時間。

この記事では、そんな「地方の企業に転職するという選択肢はありなのか?」という疑問や「Iターン、Uターン転職のメリットとデメリット」について解説していきたいと思います。

Iターン、Uターンって何?

Iターン、Uターン転職のメリットを解説する前に、「Iターン、Uターンって何?」という説明をしておきましょう。

まず、「Iターン」は、都市部から地方に移住して働くこと」を指します。

都市部と地方を結んだその線が「I」に見えることからそういった名称となりました。

そんなIターンに対して、Uターンは「地方から都市部に移住して働いていたが、その後また地方に戻って働くこと」を指します。

地方→都市部→地方と線を結ぶと「U」の形に見えることからそういった名称となりました。

Iターン、Uターン転職のメリット

通勤に大きな労力が必要なく、ストレスも感じない

都市部で働いていた人にとってこのメリットはかなり大きいのではないでしょうか?

時間もさることながら精神的な負担が軽くなることで、仕事への集中力やモチベーション、プライベートの幸福感などにも好影響を与えるはずです。

自然を身近に感じられる

地方の人にとっては山や川は当たり前の光景ですが、都市部で働いていた人にとってそれは「特別な光景」なのです。

人間は短時間でも自然と触れ合うことでストレスが大幅に軽減されることが分かっているので、非常に大きなメリットの一つと言えるでしょう。

生活コストが安い

地方の人からすると、都市部の住宅費は驚くほど高く感じるものです。

例え賃貸であっても単身者のワンルームで7万円~8万円程度掛かりますし、ファミリーであれば軽く10万円を超えます。

住宅を購入するのであれば3,000万円以上は当たり前という世界です。

しかし、地方であれば都市部の約6割~7割程度で賃貸を借りたり住宅を購入することが可能なので、経済的な負担は大きく軽減されます。

また、物価自体も都市部よりも安いため、生活費を軽減することができるでしょう。

人間関係の悩みが減る

地方は都市部ほど人々の心が荒んでおらず、比較的優しい人も多い傾向にあります。

仕事で高いパフォーマンスを発揮する上でも人間関係は非常に重要ですし、プライベートでも心地良い関係性を築きやすいと言えるでしょう。

Iターン、Uターン転職のデメリット

ここまでの解説を聞くと、「Iターン、Uターン転職って最高じゃん」と感じるかもしれませんが、やはりメリットだけというわけにはいきません。

考えられるデメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

生活の利便性が低くなる

都市部に住んでいると、あらゆる物やサービスを容易に手に入れられますが、地方ではなかなかそうはいきません。

車に乗って10分以上掛けてスーパーに買い物に行くことも当たり前ですし、なんでも揃うショッピングモールやホームセンターに行くには更に時間が必要となります。

新たな出会いが少ない

都市部に住んでいると、出会いがとても多く新鮮な暮らしを送ることができます。

しかし、地方だと交友関係が固定化しやすく、マンネリ気味になってしまうことがあるのです。

ただし、現代ではネットを利用して世界中の人々と繋がることができるので、そういった意味では以前よりも新鮮な暮らしが行えるようになってきていると言えるでしょう。

地域の風習に戸惑う可能性もある

都市部では当たり前だと思っていたことが地方では通用しなかったり、その地方ならではの風習などに戸惑ってしまうといったケースも十分に起こり得ます。

もしも思った以上にその土地の風習に馴染めない場合は、地方なのにストレスを溜めてしまうといった本末転倒な転職となってしまう可能性もあるのです。

地方の企業に転職するという選択肢はあり?

前述した「Iターン、Uターン転職のメリット、デメリット」を考えた時、「結局地方の企業に転職するのはありなの?」と迷ってしまう場合も多いかと思います。

しかし、どんな物事にもメリットとデメリットがあるものなので、重要なのは「どちらの選択肢が幸福だと感じるかどうか?」なのです。

おすすめなのが、「週末や長期休暇の際に気になる地方に泊まってみる」という方法です。

現在ではウィークリーマンションやアパートなども多くなっていますし、トライアル移住を受け入れるための施設を用意している地方自治体も増えてきています。

いきなり地方に移住するのではなく、その土地の住みやすさを仕事の有無などをしっかりと確認してから移住することで、失敗する確率を極めてゼロにすることができるのです。

そういったリスクマネージメントをした上でIターン、Uターン転職をするのであれば、その選択肢は「あり」と言えるでしょう。

まとめ

今回は、「地方の企業に転職するという選択肢はあり?」という疑問や「Iターン、Uターン転職のメリットとデメリット」について解説してきました。

ストレスや人間関係、経済的な部分を考えれば地方への転職は非常にメリットが大きいですし、不便さや出会い、風習の違いといった部分を考えればデメリットもあります。

試しに何度かその土地を訪れるなど、可能な限り情報を集めてから決断することが重要だと言えるでしょう。

-自己分析
-, , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5