転職の衝動をコントロール

自己分析

転職を成功させるために必要な「転職したい衝動」をコントロールする方法

皆さんの周りにも実際に転職して「やりがい」や「収入」を高めることに成功した人はいませんか?

そんな人が身近にいると、「自分も転職したいという衝動」が駆り立てられてしまうものです。

しかし、転職を成功させるためには、いかにそういった衝動をコントロールして計画的に転職計画を立て転職活動を進めていくかがとても重要だと言えます。

多くの人は、この「衝動」を上手にコントロールすることができずに、理想のキャリアからズレていってしまうのです。

ただし、コントロールが重要といっても、衝動をコントロールすることは意外と難しいのも事実です。

一体どのようにしてこの衝動を上手にコントロールすれば良いのでしょうか?

この記事では、そんな転職を成功させるために必要な「転職したい衝動」をコントロールする方法について解説していきたいと思います。

転職したいという「衝動」はとても大きなパワー

「衝動に駆られる」という言葉があるように、人はふとしたことがきっかけで大きなパワーを発揮します。

  • 人生に影響を与える素敵な出会いがあった
  • 自分の考えを変えるくらいインパクトのある動画を見た
  • 自分が知らなかった世界を知った
  • 心を深く傷つけられ、現状から逃げ出したくなった
  • 大きな嫉妬心が芽生えた

このように、心に大きな影響を及ぼすきっかけがあると、「動き出したい」という衝動が芽生えるのです。

その衝動は時に人生に大きな影響を及ぼすほどのパワーがあり、人生における「ターニングポイント」となることもあるのです。

しかし、影響を及ぼすのは決してプラスの影響だけではなく、動き方によってはマイナスの影響も出てしまいます。

そう、衝動で転職したことによって、プラスの影響が出る場合もあれば、「転職失敗」というマイナスの影響が出てしまうことだってあるわけです。

転職を成功させるためには、「衝動をコントロールする」ことが重要

衝動が自分の中に起きるタイミングは、誰にも分かりません。

転職活動中に新たな衝動に駆り立てられ、計画を変更してしまう場合もありますし、衝動によって「転職しよう」と転職活動を始める場合もあるでしょう。

しかし、このどちらの場合においても、「コントロールすること」が非常に重要になるのです。

前述した通り、衝動はとても大きなパワーなので、自分でコントロールできず物事を進めてしまいがちです。

自分をコントロールできずに物事が進むと、のちに「後悔」という感情が芽生える確率が高くなってしまいます。

もちろん、衝動によって行動したことにより、成功に結び付く可能性もあるのですが、冷静な判断ができない以上、その成功確率は低くなってしまうはずです。

衝動をコントロールする方法

転職を成功するために必要な「衝動をコントロールする方法」としては、「自分の理想のキャリアを書き出しておく」ことと、「衝動によって変化するキャリアを書き出す」という2つの方法を実践することです。

自分の理想のキャリアを書き出しておく

多くの人は、3年後、5年後、10年後にどのような自分でいたいのか頭の中でイメージをしているかと思います。

「3年後くらいまでに新たな資格を取って転職をして、経験を積み10年後までには独立したい」

「今の会社で5年間くらい十分な実力と経験を積み重ねてから、ステップアップ転職をしたい」

このように、人それぞれイメージがあるはずです。

そんな仕事に関する理想のイメージを、「書き出しておく」のです。

できるだけ細かくイメージを書いておくとより役に立つ情報となるでしょう。

衝動によって変化するキャリアを書き出す

様々なきっかけによって生まれた衝動によって、キャリアのプランは確実に変化することでしょう。

その変化したキャリアプランを書き出してみるのです。

「できるだけ早く○○の業種に転職をして3年後までに一人前になる」

「半年後までに○○の資格を取って希望の職種に転職をする」

このように、できるだけ詳しくそのキャリアを書き出すのです。

書き出した2つのキャリアプランを冷静に判断してみる

衝動を感じる前のキャリアプランと、衝動を感じた後のキャリアプランを、朝起きて30分くらいしてから眺め比較してみましょう。

「どちらがより幸福になれるのか」

「どちらが現実的に収入を上げられるのか」

「実現可能なキャリアプランはどちらなのか」

重要な判断を下す際には朝が適していると言われているので、必ず朝行うようにしましょう。

すると、実際にどちらのプランを選ぶべきかが見えてくるはずです。

大抵の場合は、衝動で変化したキャリアプランよりも、それ以前に計画していたキャリアプランの方が現実的に成功しやすいプランになっていることでしょう。

もしも時間を掛けて何度か比較しても「衝動で変化したプラン」に現実的な成功の可能性を感じるのであれば、そちらの選択を選ぶべきだと判断できるはずです。

このように、「紙に書き出し朝に比較する」という方法を実践できれば、必然的に選択すべきことが分かるので、衝動をコントロールすることができるのです。

まとめ

今回は、転職を成功させるために必要な「転職したい衝動」をコントロールする方法について解説してきました。

  • 衝動のパワーはとても大きなパワーを持っている
  • 衝動によって転職してしまうと、転職を失敗してしまう確率が高い

もしも「転職したい」という衝動に駆り立てられたのならば、「書き出した2つのキャリアプランを冷静に判断してみる」という方法を実践して、その衝動が本当に良い選択肢なのかを確かめてみましょう。

きっと冷静に判断することができ、正しい判断を下すことができるはずですよ。

-自己分析
-, , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5