失敗を知らずして成功なし

自己分析

もしも転職に失敗してしまったらどう対処すべき?考え方次第では一気に窮地に追い込まれることも

キャリアアップを目指した転職も、環境を変える為の転職も、「絶対に転職が成功する」というわけにはいきません。

どれだけ情報を集め、面接で質問し、職場見学を行ったとしても、転職してみないと実際に働きやすいのかどうかはわからないわからないのです。

もしも転職に失敗してしまったとしたならば、あなたはどのように対処しますか?

しっかりと時間を掛けて転職活動を行っていればいるほど、ショックは大きくなってしまいますが、時計の針は戻すことはできませんし、止まってもくれません。

転職失敗後の考え方次第では、その後に人生が窮地に追い込まれてしまう可能性もあるでしょう。

この記事では、そんな「もしも転職に失敗してしまった時の対処法」について解説していきたいと思います。

転職を失敗してしまう要因

転職失敗と言っても、その要因は決して一つではありません。

年収UPという面を優先して転職を決めてしまった

不自由ない暮らしをしていくためにはお金が必要ですし、働くのであればできる限り高いお給料を得たいと思うのは当たり前の心理です。

しかし、仕事やプライベートを含めた暮らしでは、「お金で得られるもの以外の幸せ」も数多く存在します。

「仕事のやりがい」や「人間関係」「プライベートに割ける時間」など、お金以外に重要なものが人にはあるのです。

もしも年収だけを優先して転職してしまい、そういった「お金で得られるもの以外の幸せ」を失ってしまったとしたならば、それは確実に「転職失敗」と言えるでしょう。

ステップアップを望むがあまり自分のスキルや経験を「盛ってしまった」

出世欲や向上心が非常に高い人も世の中には大勢いますが、自分のスキルや経験を盛ってでもステップアップ転職をしようとする人もいたりします。

自分を追い込むという意味では悪い選択肢ではありませんが、もしもそのプレッシャーに負けてしまったり、実際の仕事で会社側からの期待に結果として応えられなかったとしたならば、大きな問題へと発展していきます。

「もっとできる人材だと思っていた」と会社側から冷たい態度を取られたり、人間関係が悪化し孤立してしまうといったこともあり得ます。

このような「負のスパイラル」に陥ってしまうと、なかなか抜け出すことができず退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまうのです。

転職する理由が弱い(逃げの転職)になっていた

転職を考える理由として「現状への不満」を挙げる人は非常に多かったりします。

「給料が低い」「嫌な上司がいる」「仕事にやりがいがない」「勤務地が遠い」「なんとなく嫌」というように、転職する理由が弱い場合、転職を失敗してしまう確率が高くなると言えます。

「隣の芝生は青く見える」という言葉があるように、自分の会社以外の会社は良い環境のように見えるものですが、実際にはどんな会社に転職したとしても一定以上に難しさはあるものです。

逃げの転職になってしまう人は、高い確率で失敗となってしまうでしょう。

もしも転職に失敗してしまった時の対処法

冒頭でも解説した通り、もし転職に失敗してしまったとしても時を戻すことはできません。

このような状況に陥ってしまった場合は、まずその現状を「受け入れる」ことが先決です。

焦って再び転職活動を始めたとしても、現実と気持ちのバランスが崩れている状態では絶対に良い対処ができません。

失敗を受け入れ、その原因を明確にして再転職をする

人生に失敗はつきものですし、一度失敗したからといって人生が終わるわけでも成功できないというわけではありません。

確かに失敗することで遠回りにはなってしまいますが、その失敗を受け入れ失敗の原因を明確にすることができれば、再び成功に向けて動き出すことが可能なのです。

前の会社への「出戻り」が可能か問い合わせてみる

転職する際に「飛ぶ鳥跡を濁さず」で退職できていれば、「出戻り」が可能である場合もあります。

転職してから出戻りするまでの時間が無駄になったり、前の会社で築き上げた信用などは低下してしまいますが、出戻りが可能ならば転職失敗の傷を最小限にすることができます。

前の会社の上司や同僚に相談をしたり、再雇用の制度の有無などを確認し、可能であれば出戻りを検討してもらうという選択肢も有効だと言えるでしょう。

転職の意義を「仕事のキャリア」ではなく「人生における幸福」で考える

良い大学を卒業し一流企業へ就職し、更に大きな企業へステップアップ転職を行うといった道が「仕事のキャリア形成」において何より重要だと思っている人はとても多かったりします。

そういった考え方や価値観を持っている人がもしも転職に失敗したとしたならば、「もう自分の仕事キャリアは終わりだ」と絶望してしまい、生きる意味すら失ってしまう可能性もあります。

しかし、仕事はあくまで仕事であり、人生における幸福度は仕事だけで決まるものではありません。

転職の意義を「仕事のキャリア」ではなく「人生における幸福」というスタンスで考えることによって、「正解は一つではない」と気が付くことができるでしょう。

特に現代では、一流企業に勤めることが最高の仕事というわけではなありません。

企業としての格は下がっても、自分のスキルを最大限に活かせる会社で大きな成果を上げることで、再び一流企業に返り咲くこともできますし、副業で自分のスキルを存分に活かすといった方法もあるのです。

まとめ

今回は、もしも転職に失敗してしまった時の対処法について解説してきました。

  • 年収UPという面を優先して転職を決めてしまった
  • ステップアップを望むがあまり自分のスキルや経験を「盛ってしまった」
  • 転職する理由が弱い(逃げの転職)になっていた

転職に失敗してしまうのは、こういったことが原因となってしまうものです。

  • 失敗を受け入れ、その原因を明確にして再転職する
  • 前の会社への「出戻り」が可能か問い合わせてみる
  • 転職の意義を「仕事のキャリア」ではなく「人生における幸福」で考える

失敗したことによって落ち込むのは当然ですが、上記のような方法によって失敗を成功するための経験にすることは可能なのです。

もしも転職に失敗したとしても、ぜひ絶望せず最善のリカバリーに向けて動き出しましょう。

人生で成功するためには多少の遠回りは必要ですよ。

-自己分析
-, ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5