自己分析

自分に合った仕事を見つけるための4つのコツ

自分に合った仕事を見つけるためにはどうしたら良いのでしょうか。自分のことを知ることも大事ですが、それと同じくらい、仕事にはどんなものがあるかを知ることも大事なことだといえるでしょう。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

自分に合った仕事を見つけるためのコツ:①仕事に対する知識を増やす

仕事への知識が少ないと自分に合う仕事に気づけないことがあります。勤務地や待遇などの諸条件は、現実と折り合いをつけながら落としどころが見いだせます。親しい友人や周囲の人から話を聞くことで、知らなかった仕事の知識が深まることがあります。知識を得ることは、新たな選択肢を得ることなのです。これまで全く知らなかった仕事について話を聞くことで、自分に合う仕事を見いだすことができることもあります。こちらについては転職サービスに登録する等、情報を自分で集めるだけでなく、便利なサービスを使用して効果的に集めていくのがいいでしょう。

関連記事:おすすめの転職サービス5選!

自分に合った仕事を見つけるためのコツ:②自分のスタイルを見直す

自分に合った仕事を見つけたいと思ったら、職業、職場、働き方を改めて考えてみるのもおすすめです。まずは職業。肩書を大切にするタイプの方もいれば、内容重視の方もいます。自分は職種として何があっているのか?について見直してみるのもいいでしょう。続いて職場。自分のプライベートの生活圏内に職場があるのが良い方と、生活圏内と職場は分けたいという方もいますし、職場のある場所でモチベーションが上がる人もいます。働き方に関しては、正社員だけではなく、派遣、個人事業主などさまざまなものがあります。またそれらをかけ合わせることも最近では珍しくなくなってきました。自分の仕事はこれでなければいけないとは考えずにフラットな思考になって物事を見てみるといいでしょう。

自分に合った仕事を見つけるためのコツ:③現職の仕事を再分析

何をしたいか認識できないままに就職先を決めてしまったという人でも、現在の仕事を続けていくことで見えるものがあります。できることに真摯に向き合うことで、仕事の適性がわかることもあります。自分の仕事をこの際再度分析してみましょう。再度分析することで自分の好きな仕事の種類や作業内容が明確になり、自分が時間を過ごしたいものがわかるでしょう。

自分に合った仕事を見つけるためのコツ:④新しい仕事を経験してみる

何かする前に拒否感を持っていては、いい仕事にも巡り会えません。何となく大変そうだと感じていた仕事でも、実際に取り組んでみたら充実感を感じられることもあります。自分に合った仕事を見つけるためには思い切って自分の視野を広げることが大事なのではないでしょうか。自分の会社内で違うプロジェクトにアサインされて経験するのもいいですし、若いうちに転職をして業界や環境を大きく変えてみるのも後々の人生にとって大きなプラスになることでしょう。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

まとめ

いかがでしたか。自分に合った仕事を見つけることで、自分が人生の多くの時間を過ごす仕事時間というものの価値を向上させることができます。自分の仕事が充実することで、プライベートにも良い影響があることは間違いないでしょう。咲くべきところで咲きなさいをコンセプトとしてこのブログを運用していますが、咲くべきところを決めるのは自分自身です。ぜひ自己分析をすすめて、自分の合う仕事を見つけて人生を豊かにしてくださいね!それでは!

-自己分析
-, , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5