40代を楽しむ

自己分析

40代こそ積極的に転職すべき!収入ではなく人生の幸福度を重視すべき理由

転職がポジティブなイメージに変わりつつある現代社会ですが、これが40代以降になると一気にネガティブなイメージとなってしまいます。転職によって年収が半分近くまで減少したり、前職で役職者だったにもかかわらず一般社員から再出発しなければならないといったように、確かにデメリットがかなり大きいように思えます。

しかし、「収入や役職」などに捉われて転職しないことは、本当に幸せな選択だと言えるのでしょうか?

「今現在の日本と未来の日本」、そして「人生を折り返した40代」だからこそ、「幸福な人生」をしっかりと意識して転職という選択をするべきかもしれません。

この記事では、そんな「40代でも積極的に転職すべき理由」と「収入ではなく人生の幸福度を重視すべき理由」について解説していきたいと思います。

40代で転職するリスク

今回は「40代こそ積極的に転職すべき」ということをおすすめするのですが、決してすべての40代会社員にオススメをしようとは思いません。なぜならば、40代での転職は20代や30代の頃よりも遥かにリスクもあるからです。特にリスクが高いと考えられる40代は、「家庭を持ち支出が高い人」です。

マイホームを20代後半から30代の頃に購入した人であれば、まさに多額のローンの返済中であるでしょうし、奥さんと子供を養う支出もかなり大きな額となってしまいます。40代での転職はどうしても収入が下がってしまうリスクがあるので、「家庭を持ち支出が高い人」にとっては大きなリスクとなってしまうのです。

ただし、結婚していても子供がいなかったり、実家を引き継ぐ形で住んでいて住宅ローンがない、子供がいても1人しかいないという状況であるのならば、十分に転職を検討できる状況であると言えるでしょう。

40代でも積極的に転職すべき理由

前述したような状況に置かれている40代にとっては転職は大きなリスクとなりますが、それ以外の境遇にいる人であれば恐れず積極的に転職すべきだと言えます。「いやいや、独身であっても現在の支出がそれほどないにしても、転職失敗のリスクはあるから簡単に転職はできない」そのような考えによって長年転職という選択肢を遠ざけてきた人はとても多いはずです。

しかし、どうでしょうか?30代後半から40代にかけての仕事における幸福度を考えた時、「この会社で働けて良かった」と心から感じることができているでしょうか?

  • 現在の仕事にやりがいを感じられない(今後もやりがいを感じられないことが明白)
  • 人間関係で問題を抱えている
  • 数年に一度の異動によって積み上げたものがリセットされてしまう虚無感を感じている
  • 他の企業で自分の可能性を試したいと時々思う
  • この先役職が上がる可能性も低く、このまま現状維持の為に働くのが精神的にきつい
  • 転職に成功した元同僚を羨ましく思う

40代の多くの人が、こういった気持ちを抱えながら働いていることでしょう。たった一度の人生であり、転職しようと思えば転職できる状況であるにもかかわらず転職しないのは、「もったいない」と思いませんか?

もちろん、実際に40代で転職するには入念な準備が必要です。「確かなスキルや資格」をしっかりと身に付けることはもちろん、転職エージェントを活用してより自分が興味が持てる会社や待遇の良い会社を探すことも必要です。しかし、もしもこれらをクリアすることができれば、高い確率で人生の満足度や幸福度は上がっていくはずです。

収入ではなく人生の幸福度を重視すべき理由

人生の幸福度を上げる40代の転職

転職によって収入が減ってしまうことに対して不安を感じている人は、これから先の未来を一度想像してみましょう。まず一つ言えるのは、「40代後半が一番人生における幸福度が下がる」ということです。これは、アメリカのダートマス大学の調査結果でわかったことなのですが、人生において40代後半が一番幸福度が低く、それ以降は徐々に幸福度が上がっていくということが分かっています。

50代以降は年齢が上がるにつれて幸福度が上がっていくので、「40代後半くらいは転職せずに辛抱の時期と思えばいいのでは?」と感じるかもしれません。

しかし、日本の未来を想像した際、残念ながら現在の高齢者たちが感じられている幸福感と同じ感情を今の40代後半の人が味わえるかというとそうではない可能性の方が圧倒的に高いと判断できます。

  • 超高齢化
  • 少子化
  • 経済の悪化
  • 大企業における優秀な人材の流出

これらの要素を踏まえて考えると、収入面でも社会保障面でもかなり良くない未来が訪れる確率が極めて高いと判断できるはずです。

漠然とした不安から「収入を上げなければ」と考えてしまいがちですが、多少収入が下がっても自分の暮らしている環境さえ快適にすることができれば圧倒的に幸福度の高い人生を歩むことができることでしょう。

まとめ

今回は、「40代でも積極的に転職すべき理由」と「収入ではなく人生の幸福度を重視すべき理由」について解説してきました。

  • 40代でも「家庭を持ち支出が高い人」は転職に対するリスクが高い
  • 子供がいない(いても1人だけ)、住宅ローンがないという40代であれば転職を積極的に考えるべき
  • 40代の独身者は転職リスクが少ないため特に積極的に転職を検討すべき
  • 40代後半は幸福度が下がる
  • 日本の状況を踏まえると、50代以降も幸福度が下がり続ける可能性もある
  • 収入ではなく「人生の幸福度」を重視すべき

「40代で転職なんて無理」と思い込んでいた人は、ぜひ一度自分の人生を見つめ返し、「このままでいいのか?」と自問自答してみてはいかがでしょうか?

-自己分析
-, , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5