職種 自己分析

ニートの再就職は無理?いえ無理じゃないです!ニートの再就職

ニートの人が再就職をする場合、最も障害になることは一体何でしょう。本来の意味のニートではないですが、私も数人の“自称ニート”の方を支援させて頂きました。一旦、職から離れているような方です。自分で起業しようとしていた方、水商売の道で雇用形態があいまいだった方、またうつ等の病気で一旦職を離れていた方などです。そういった方々が就職をする際の現実について書きたいと思います。

ニートの再就職は無理!その主張の理由は?

ニートという言い方でくくっていますが、様々な人がいます。全てのニートが、就職の可能性が低いと一概には言いきれません。外に出たり、他の人と会話をする時にストレスを感じてしまったりというタイプのニートの人であれば状態を改善しなければなりません。他人と共に仕事をすることができるか、雇用先を見つけることができるかが懸念事項であるといえます。就きたい職業に年齢制限があって応募できなかったり、お金がなくて受けられなかったりと、様々な理由があるので一つ一つ見ていきましょう。

ニートの再就職が無理という主張の理由は?:キャリアの空白期間

企業側からすると、キャリアに空白の期間があることに注目して、正当な理由がないと減点してしまう傾向があります。また下手な嘘で取り繕うことはできません。起業していたといっても、開業届には日付が入っているので後からそれを作ることはできないからです。結局その時の行いをちゃんと説明するしかないという状況になります。キャリアに穴が開いていると人生をどのように考えているか?についての疑問がわいてきます。

ニートの再就職が無理という主張の理由は?:金銭的・社会的理由

まずお金がなくて就職活動ができないという人がいます。またこれまでの金銭的な苦労でカードが作れない等の社会的信用がないので就職活動ができないという方もいます。これまでの境遇の面での金銭的苦労がある方もいます。お金がなくて教育が受けられなかったという人もいます。でも人とコミュニケーションをとることや他人と交渉をすることが問題なくできる人なら、ニートでも就職を決められる可能性があります。社会的信用も教育も非常に重要と思われるかもしれません。社会的信用を加味して就職を手伝ってくれるサービスもありますし、教育では習ってこなかった分野での仕事も多くありますので、再就職はできると考えています。

ニートの再就職が無理という主張の理由は?:心的要因

人目に触れるところに行くのがつらいという人もいます。うつや引きこもり、パニック障害の人はまずそれが問題です。他人と触れ合うことできないと就職試験を受けたり、会社の説明会に行ったりするのも大変になります。そういった人が就職するのは無理だという人は多いです。また本人からしても、就職なんてできないと思う方もいるでしょう。ただし、ご安心ください。私はこれまでそういった方々の就職もアドバイスしてきました。実はそういう心的要因をサポートしつつ再就職をすることができるサービスがあります。そういったサービスを使いながら同じような境遇のある方と一緒に働くことで就職後の継続にも有効です。

ニートの再就職が無理じゃない!と考える理由

キャリアの空白期間があっても、採用してくれる会社はたくさんあります。会社の中でもやる気次第で活躍している人はたくさんいますので、全く問題ないと思います。また金銭的・社会的な理由ですが、こちらも現在では背景も含めて理解してくれる会社もありますし、そういった方に向けたサービスもあります。最後に心的要因についてはまずはしっかりと治療をすることが大切であると思いますが、こちらのブログを読んでくださっている人はすでに働きたいと思うところまで整っているのかと思います。そういった方は、専門のサービスを使って再就職を目指すのが良いでしょう。一緒に働く人も同じような経験を抱えている人だと思いますので、就職後の生活もより安定したものになるでしょう。

ニートの再就職は無理じゃない!おすすめの転職エージェント

一番幅広くサポートいただけるサービス


【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

就職活動しているがうまくいかない、就職しても長く働くことができるか不安、コミュニケーションが苦手、生活リズムが乱れがち、感情のコントロールに不安があるなどの人にオススメの就職支援サービスです。一人ひとりが「はたらく未来」を実現するために、職業準備性を高めるためのトレーニングを提供。 就職した先の定着までを見据えた就労移行支援サービスを受けられます。一人ひとりへの最適な支援計画によって、就職率98%。身体や心に障害をお持ちで就職、長期定着に不安をお持ちの方に最適なサービスです。まずは登録して見学を!!

心的要因で就労していない方向け

 障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】

dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービスです。大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップがあります。 障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれます。 専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)が成功への第一歩。 お一人おひとりの状況に合わせた転職活動をサポートいただけます。まずは登録して面談してみるのがオススメです。

比較的若い方(18歳から29歳)に向けたサービス

ネオキャリア 正社員を目指す18歳以上29歳未満の就職経験のない方は対象です!

経験・学歴不問であるのが特徴のサービス。中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、フリーター、海外留学から帰国後、就職浪人、 公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、 キャリアアップの転職など、、、幅広い経歴の方をサポートいただけます!サービスは完全無料です!まずは登録して情報を入手しましょう!

ウズキャリ 18歳~29歳の第二新卒・既卒・フリーター・ニートだけど就職を成功させたい!

高卒以上であればウズキャリもおすすめ。他社の10倍時間をかけて面談を行って就職活動をサポート。就職斡旋先はブラック企業を徹底に排除し安定した就職後の生活をサポートしています。また1500社以上とのコネクションがあり、大手企業からベンチャーまで優良企業へ就職を決めている人が多数います。まずは30秒で無料登録して面談してみるのがおすすめ。自分の気付いていない自分に出会えるチャンス!!

まとめ

いかがでしたか。生活や心が整っていない状況ですと働くこと自体が難しいので、仕事を探すより前にクリアすべきことがあります。もちろんそれらをきっちりと出てきます。ニート状態でなくなるためには、就職のために必要なことは何かを見極めることも大切であると思います。現在、何をすれば仕事を見つけられるか知ることが、ニートが就職するために必要です。まずはおすすめのエージェントに登録して情報収集から始めましょう。“咲くべきところで咲きなさい“がこのブログのコンセプトです。ニートであってもそれは現在の事。未来にはどうなっているかなんて誰にも分りません。是非未来のために行動を起こしてくださいね!

-職種, 自己分析
-, ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5