フリーランスか正社員か

自己分析

退職してフリーランスになるのではなく正社員として転職するべき理由

自分自身にある程度のスキルがある場合、「このまま会社を退職してフリーランスになろうかな」と考えたり、「このスキルを活かせる会社に転職しようかな」と考えたりすることもあるでしょう。

この二択であれば、自由に自分の思い通りに稼ぐことができるので、前者を選んだ方が非常に幸福度の高い暮らしが実現できるように思えます。

しかし、現実的にフリーランスで生きていくというのは想像以上に大変なものです。

フリーランスになるよりも、「持っているスキルをさらに活かせる企業への転職」をする方が現実的に幸せになれる確率は高いと言えるでしょう。

この記事では、そんな「退職してフリーランスになるのではなく正社員として転職するべき理由」について解説していきたいと思います。

フリーランスの大変さ

フリーランスは正社員と全く違う働き方になりますし、仕事に対するマインドも異なります。

軌道に乗せることができれば嫌なストレスを感じずに程よいプレッシャーの中で暮らすことができますが、軌道に乗せることができなければデメリットやリスクが非常に高くなってしまいます。

収入が不安定になりやすい

正社員として働いていれば、仕事の成果が一定でなかったとしても毎月同じ金額の給与を得ることができます。

しかし、フリーランスの場合はクライアントからの収入によって収入は増減します。

病気を患ってしまえば、その分収入は減ることとなるのです。

家のローンや車のローンといった 支出は毎月一定の金額あるので、 お金のやりくりが難しくなってしまうのです。

仕事を自分で営業して取って来なければならない

正社員であれば、「やらなければいけない仕事」がいつでも目の前に用意されていますが、フリーランスではそうはいきません。

自分自身で仕事を取ってこなければ、生産性のある仕事を行うことができないのです。

「動きを止める=未来の仕事がなくなる」ということなので、とてつもないプレッシャーを日々感じることとなります。

税金や経費などをすべて自分で行わなければならない

正社員であれば、税金関係の仕事はすべて会社の経理が代理で行ってくれます。

やることと言えば年末調整の書類に記入し「保険料控除申告書」を添付するくらいです。

しかし、フリーランスになるとそれらすべてを自分自身で行わなければなりません。

経費として計上する「領収書」をしっかりと保管しておき、毎月の収支を記録して白色申告もしくは青色申告をしなければならないのです。

現在では税処理のソフトも多いですが、どれも有料となっているので余計な経費も掛かってしまいます。

税理士に外注するのも月に数万円程度の支出となります。

フリーランスが税務関係を行うには、大きな時間や労力、お金が必要となるのです。

その他にも、「自分自身で時間を管理しなければならない」「頼れる人がいないのでセルフコントロールが重要」といった辛さもあります。

正社員として転職するメリット

現在勤めている会社を退職し、違う会社に転職する選択肢では、前述したような「フリーランスの辛さ」を味わうこともなく、存分に今持っているスキルを発揮することができます。

もちろん、人間関係を新たに築いていかなければならないですし、同業種であっても仕事の内容に若干の違いがある為、転職後数ヶ月は苦労するはずです。

しかし、フリーランスになることと比べれば心身への負担はそれほど大きくはないと言えるでしょう。

何より、厚生年金や福利厚生面といったメリットは人生を幸福に暮らしていくために重要な「安心」を与えてくれるので、最善の選択肢となるのです。

また、副業を解禁する企業が年々増えているのも正社員でいるメリットと言えます。

リスクを冒さず副業で挑戦したい仕事にチャレンジすることで、収入はもちろんやりがいも得ることができるのです。

そして、現代では「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「ビズリーチ」といった多くの「転職エージェント」が存在するので、非公開を含む数多くの求人の中から自分に合った会社を選び応募することが可能です。

実際に転職エージェントを利用する多くの人が前職よりも年収が上がるような転職を実現しています。

年功序列や終身雇用が崩壊した現代では、積極的な転職がステップアップへの近道と言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、退職してフリーランスになるのではなく正社員として転職するべき理由について解説してきました。

フリーランスになると、「収入が不安定になりやすい」「仕事を自分で営業して取って来なければならない」「税金や経費などをすべて自分で行わなければならない」といった辛さがあるものです。

確かに自由を手に入れることができますし、人間関係で悩む場面も大幅に減少するはずですが、それ以上にデメリットやリスクが大きいと言えます。

転職エージェントなどでキャリアアップを目指しやすい現代では、リスクを冒さず「正社員→正社員」というステップアップ転職という選択肢が理想的と言えるかもしれません。

フリーランスか転職か悩んでいる人は、ぜひこれらを参考にしていただければ幸いです。

-自己分析
-, ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5