就職サイト

希望の仕事に就く!効果的な求人情報収集3つのコツ

様々な求人情報をチェックすることで、つきたい仕事を見つけやすくなります。なるべく自分の希望の条件に合った仕事を見つけるためには、より多くの求人情報を入手することが大切です。まずは自分で求人情報を集めやすい環境を作ることが大切です。情報は自分で全て収集、分別、活用を行う必要はございません。どうすればより効果的に情報収集ができるか、早速コツを見にいきましょう!

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

効果的な求人情報の収集のコツ:①就職支援サービスに登録

効率的に求人情報を収集・チェックするには、就職支援サービスに登録するといいでしょう。かつては、求人のフリーペーパーや情報雑誌が情報源として一般的でしたが、最近は求人サイトの閲覧が中心です。自分のスキルや得意分野を生かして、仕事を見つけられるようにしたいものです。またサービスによってはプロの人材コンサルタントがあなたに最適な求人を厳選して届けてくれます。まずはサービスに登録して情報を取ってみましょう。

効果的な求人情報の収集のコツ:②ハローワークに登録するに登録

地域に根差した生活スタイルを送りたい、この地域を転勤などで離れるのは嫌だ、という方にはハローワークに登録するのをお勧めします。ハローワークの求人は地域に根差した企業のものが多く、その地域で職を探すにはもってこいです。また企業としても転職サービスに依頼するよりも安価であることから、就職が決まりやすいというメリットもあります。逆に大手の求人など全国規模で活躍できる職は限られているので、自分の好みに合わせて必要であれば登録するのがいいでしょう。

効果的な求人情報の収集のコツ:③情報の見方に注意する

就職活動を継続して行っているといつまでも同じ求人が出ていることに気づきます。求人広告と求職希望者の間で折り合いがつかなかったり、一度は採用が決まったものの、すぐに退職されてしまったりすることもあります。何度も繰り返し求人募集を出てくる企業の中には、いわゆるブラック企業であるがために人材が定着していないという可能性もあります。ただし、一面的な情報を受け取って、事実と食い違う判断をしてしまうということがないように情報の扱いは気をつけましょう。企業の中には、求人票に書かれていた内容と職場での待遇に大きな差があるのに知らんふりをしているところもあります。入社してから後悔しないように面接時に不明な点があれば質問をし、社内の雰囲気などを感じ取ることも必要です。またプロのキャリアコンサルに会社の話を聞くのもおすすめです。中立な立場で企業の情報を教えてくれるでしょう。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

まとめ

いかがでしたか。今回は求人情報の取り方、情報の見方について書きました。やはり情報を制する者が就職活動・転職活動を制します。情報はあふれていますが、ちゃんとした情報を手に入れるには自分だけで行うには限界があります。プロに頼って情報を取るようにしましょう。また決断を急ぐと結果的に期待した効果を得ることができなくなります。どんな仕事につきたいかをよく考えて、仕事を探すようにしましょう。

-就職サイト
-, , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5