企業研究

どんな人材が欲しい?企業が本気で採用したい人材の特徴とは?

昭和から平成、令和へと時代が移り変わっても、企業が採用を本気で考える人材、人となり、性格には大差ないと言われています。いつの時代も企業を運営するのは人であり、人材は”人財”、つまり企業にとっての財産であるとも言われています。会社を運営する上で必要な3大要素はいつの時代もヒト、モノ、カネです。常に人材は企業にとってトッププライオリティなのです。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

企業が採用する人材の傾向とは?

特に最近は、学歴の良さやスキルよりも人柄の良さ、つまりソフトスキルを重視して、採用を決める企業が多くなってきました。もちろんコンサルティングファームや外資系銀行のような企業は、今でも学歴によって候補者を足切りしていますし、一部の企業では採用の可否に大きく作用しており、特に最後の決め手になることもあります。良い学歴ではないために色々な会社にエントリーシートを出してはいるものの、いい結果が得られていないという方もいます。ただし、こうした学歴を重視した採用選考の傾向は、徐々に少なくなってきています。またこう学歴が重視される企業へ採用されることを諦めて他の可能性を広げることも大切です。

企業が本気で採用したいと思う人材の特徴は?

どんな人材が企業に求められるかはまちまちですが、モチベーションの高さやチャレンジ意欲の強さ、コミュニケーション能力などが大事なようです。モチベーションが高い人材は常に一生懸命コツコツと問題解決に取り組んでくれるので、チームで働く際にも非常に重宝されますし、企業としては有望な人材であるといえます。モチベーションが上がらない社員が多く、その社員たちのモチベーションを上げるために多くの投資をしている企業からすると本気で採用したい人材です。またチャレンジ意欲の強さも現在ならではの強みです。現在はどの業界も環境が刻一刻と変わり、変化が激しく、競合も乱立しています。よく正解のない時代と形容されています。そういった正解のない時代を生き抜ける人材は、高いチャレンジ意欲を持っていて、環境に柔軟に対応できる人材を企業は求めています。

企業の採用は変わってきている?多様な人材を本気で求めるわけ

人となりにしろ、能力にしろ、パリエーションが豊かなことに重きを置くような会社もふえています。それは、いつも同じ人ばかりを採用していては、会社の価値観が硬直してしまう可能性があるからです。また前述のように、環境は常に変わっており、正解のない時代に突入しています。この先、会社が競合他社と争っても負けないような方針を打ち立てるには、色々な価値観のある人を集めることが大事だと言われています。多様性の中でイノベーションが起こるという研究データもあります。会社として今後とも発展を続けていくためには、多様な価値観を持つ人達が力を合わせられる環境が必須であり、企業はそれを多様な人材を確保することで賄おうとしています。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

まとめ

就職活動や転職活動を行う際には、就職を希望する会社のカラーが自分にどれほどぴったりとあっているかどうかを、いかに見極めるかが重要になります。自分がどんなことができるのかと企業が何をしてほしいと考えているかをすりあわせることが採用されるためには大事です。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

-企業研究
-, , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5