企業研究

転職では超重要!志望動機の書き方

志望動機というものは、転職しようとするならば絶対に聞かれると思ったほうが良いでしょう。新卒の場合でも志望動機を尋ねられることはありますが、転職者のほうがより重要性が高いといえます。転職する人というのは仕事の経験者なのです。中途採用をしている会社側の立場では、経験があるだけに採用を判断する材料として志望動機は非常に大切になってくるのです。

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

企業が志望動機を聞く理由とは?

具体的に志望動機というのは、一番どんなことに興味があるのか、この企業で働きたい理由はなんなのかということです。よく面接のときに耳にする話なのですが、志望動機を転職について聞かれているのに志望動機とは言えないような変動をする人が大勢いるということです。転職の志望動機というのは、なぜ今ある仕事をやめてまで新しい企業を探しているのかということです。かなり採用する企業にとって大事なのが、なぜ新しい職場としてこの企業を選んだのか、今後会社のためにどんな思いで働いてくれるのかということなのです。

志望理由の書き方とは?

志望動機として成り立つのは転職の場合、応募している会社と自分のやりたい仕事が合っているときではないでしょうか。もしこの会社で働けるならば、そのくらい一生懸命仕事に取組み、高い志を持ち続けられるかということを相手にアピールするためのものです。あまりにも転職の志望動機と会社が欲しいと思っている答えが異なってしまうと採用はされないでしょう。それが原因で、本当に自分がやりたかった仕事ではなかった場合、また退職するようなことや仕事のやる気がなくなってしまうこともあるといいます。

志望理由の書き方テンプレート

  • まずは“結論”を持ってきます。文頭ですが最後に書きます。例:御社の△△は私のやりたい事とぴったりです。
  • 自分の事(仕事の流儀や思い、得意なこと)を書きます。例:私はOOなことが好きです。それを表すエピソードはXXやXXです、と。
  • 自分の事と“結論”へのブリッジを書きます。例:OOが得意な私としては△△な御社の仕事の仕方に感銘を受けました、
  • 最後の締め。例:私は御社の△△な仕事において、得意のOOを活用し、顧客に貢献したいと思います。

簡潔に書くと以上のようなものがテンプレートです。

志望理由を書くのがどうしても苦手な人は?

ここまで見て頂いても、いやいや、本当に文章が苦手で書く気が起こらないというかたもいらっしゃると思います。また現職が忙しくなかなかまとまった時間が取れない方もいるかもしれません。そういった方には転職エージェントのサービスを使用することを強くお勧めします。プロのコンサルタントが転職にまつわる文章をきっちり指導してくれます。テンプレートの使い方もよりしっかりとサポートいただけます。

それではおすすめのエージェントBEST3!を紹介致します。

おすすめ転職エージェント・転職サービス

20代専門の就職サポート「ウズキャリ」会員登録

とにかく手厚いサポートで内定率が違います。20代に特化したサービスを展開。

マイナビキャリレーションが提案する新しいオフィスワークのカタチ

事務職の求人に強い。新しい働き方を手に入れたいあなたに

★パーソルチャレンジの就労移行支援サービス・ミラトレ★

専門資格をもったスタッフによる一人ひとりに寄り添った支援 ・高い実績 「就職率98%」「職場定着率80% ※就職後半年後の定着率」 ・障害のある社員300人超が活躍してる特例子会社だからこそ培った就労継続ノウハウを活かしたトレーニングプログラム

関連ページ→転職のプロがおすすめの転職サイトと転職エージェントを徹底解説

まとめ

いかがでしたか。見ての通り、志望動機と会社の要望があっているか、は非常に重要です。事前に確認しておきましょう。会社の情報はホームページ等で調べて、事前に会社の事を調べて、自分の志望動機を調整していくことが大切です。“咲くべきところで咲きましょう”がこのブログのコンセプトです。皆さんも自分の実力が発揮できるところに転職して存分に力を発揮してください!それでは!

-企業研究
-, , , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5