自己分析

就職・転職活動で面接試験を乗り切るためのコツ

就職・転職活動に際しては、面接をどうクリアするかが重要です。採用面接を行っていない企業はなく、ここで自分をどうアピールできるか、会社との相性を企業側に感じてもらうかが非常に大切だからです。面接で押さえておくべきポイント、準備方法、緊張をほぐす方法など面接を乗り気得るためのコツについて書きたいと思います。

就職・転職活動の面接で押さえるべき3つのポイント

面接では限られた時間の中で重要な3つのポイントをおさえながら、面接の相手に対して良い印象を残していく必要があります。3つのポイントとは、自分自身をアピールすること、会社についての志望度を表すこと、会社と自分自身がマッチしていること、です。

就職・転職活動の面接で押さえるべきポイント:しっかり自己PR

まずは自分という存在を企業側が高く評価してくれるようにアピールすることになります。新卒の面接ではまず自己PRをしてくださいと言われることがほとんどで、そこで自分が準備していったものを話せるようにしておくことが大切です、しかし、転職活動においては、面接では転職理由、志望動機、経験の3つを聞かれるので、この質問された中にうまく自己PRをちりばめることが必要です。転職理由では自分のスキルアップをしたいという思い、志望動機ではスキルや職歴とのマッチングを、また経験を話す際には、経験から得たスキルや能力をPRするのがいいでしょう。また学歴、資格といった部分もアピールポイントにはなりますが、書類に書いているのでアピールしなくていいでしょう。面接官は書類であなたの学歴や資格につては把握しています。ただし、特別なエピソードがあって自己PRを強められるときは直接話してもいいでしょう。

就職・転職活動の面接で押さえるべきポイント:会社の志望度を表現する

面接では会社の志望度を表現することも大切です。就職・転職活動で1社しか受けない人はあまりいません。企業側としては競合も含めた業界全体の志望をしているのか、自社を志望してくれているのかを見極めるために多くの質問を投げかけてきます。逆に志望度が一番ではなくても、企業側にその思いが伝わらないようにしっかりと調べておくことが需要です。新卒の就職活動でも転職活動でも、ここはストレートに志望動機は?と聞かれますので、しっかりと準備しておきましょう。

就職・転職活動の面接で押さえるべきポイント:会社とのマッチングを表す

会社と自分自身がマッチしていることはとても重要です。マッチしていないと、転職を繰り返してしまうことにもなります。それは企業も共通でもっている認識なので、企業としては個人の能力やスキルを見てマッチングが良いかどうかを確認しています。それを自己PRや志望動機の中に含めて表現するのがおすすめです。志望動機を話す際であれば、自分の経験やスキル、仕事に対する軸を話して、それが志望する会社の働き方や職種とマッチする、と答えると自然と表現できます。この方法だと前項目の志望度も表現できて一石二鳥です。

就職・転職活動の面接で緊張しない方法

就職や転職の面接に挑む際には誰もが緊張するものであり、緊張しない人などいないです。緊張しやすい人が、緊張を緩和するには、どうすればいいのでしょう。それは当たり前のことですが準備をしっかりしておくことです。面接のシミュレーションをしたり、答えるべき言葉を何度も練習したりする、などの準備が精神を安定させてくれます。面接試験では、よく聞かれる質問があります。転職では、面接では転職理由、志望動機、経験と書きました。この3つをしっかりと準備することである程度カバーされます。ほかの事に関しても完璧に用意しておきたいという方は、面接対策本などに書かれているので一度読んでみるといいと思います。

就職・転職活動の面接で緊張しない当日の方法:緊張の捉え方

当日に関しても事前に緊張していることは、良い傾向だとポジティブにとらえておきましょう。適度な緊張がパフォーマンスを向上させることは科学的に証明されています。

就職・転職活動の面接で緊張しない当日の方法:深呼吸

深呼吸はバカにできません。アメリカの上司に教わったことは、まず頭の中に長方形を描いて、短い辺をたどって3秒で吸って、長い辺をたどって5秒で吐く。1周で2回を3周繰り返すと落ち着いているというものです。これって実は効果てきめんです。一気に精神統一ができて集中力が増します。是非試してみてください。

就職・転職活動の面接で緊張しない当日の方法:面接の捉え方を考え直す

面接は一問一答で答えを出していかないといけないようなテストでなはく、企業側との初めての会話・コミュニケーションです。単なる会話ですので、挨拶をきちんとする、ハキハキものを話す、わからないことはわからないという、自分が準備したものを話す。こういった基本的なことをする中で好印象を与えることが大切だと思います。私も自分が準備したものと全く違った質問ばかりきて、実力が出せてないと思ったときには、その通り伝えました。その結果、面接官も質問を変えてくれて、自分の思い残すことのないような面接になったことがあります。その企業からは内定を頂きました。思いっきり会話をしてください!

まとめ

いかがでしたか?面接は誰もが経験するものです。緊張するものなのですが、緊張すること自体はマイナス評価になることはありません。就職活動で面接を受ける時は、緊張はするものという前提で、しっかりと事前対策をとることが重要になります。是非ともしっかりと準備してトライしてみてください!

-自己分析
-, , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5