職種

経験や知識のない人でも出来る?在宅での仕事について

仕事を選ぶ際の条件に在宅勤務を挙げる方が増加しています。在宅勤務ができるような企業、在宅勤務で働ける職種のみを志望している転職活動も最近ではあるようです。特にコロナ以降、世界中で働き方がそれまでと比べて根本的に変わってしまいました。多くの仕事がリモートで出来ることがわかり、出社する意味が薄れたという背景もあります。人によって在宅の仕事を探している理由はさまざまですが、在宅でできる仕事を探している人の数は年々増加傾向にあるようです。在宅の仕事を支援するインターネットのサイトも充実しており、仕事を出す会社とのマッチングもしやすくなりました。

在宅勤務を選ぶ3つの理由

コロナが終わっても在宅勤務に対するニーズは残り続けると言われています。一旦在宅勤務に慣れてしまうと、会社に行く意味を見出せないという話をよく聞きます。私自身も在宅勤務を選ぶことができる環境ですが、やはり特別なことが予定されていない限りは在宅勤務を選択しています。それでは在宅勤務を選択する3つの理由を紹介しましょう。

在宅勤務を選ぶ理由:家庭や健康に合わせた働き方ができる

子供を育てながらであっても、在宅での仕事であれば無理することなくできるので、配偶者の収入以外の収入源を持っておきたいと思う日値は多いようです。また健康の面でも在宅を選ぶ人がいます。朝から会社に行って、夕方や夜まで一日中ぶっ通しで仕事をするほど体は丈夫でないので、在宅の仕事を選んで、自分なりの仕事のペースで進めていきたいという方もいます。

在宅勤務を選ぶ理由:ワークライフバランスを考えた働き方ができる

自分の趣味の時間や、自己投資の時間を確保したいので、通勤の時間を削ることができる在宅勤務を選択する人もいます。コロナ以降在宅勤務を許容するようになった企業では、社員が会社に戻ってこないことが問題になっています。それだけ在宅勤務を選択する人が多いという事です。首都圏の通勤時間の平均は50-60分です。平均で一日に2時間弱の時間を節約できます。その時間を趣味や自己投資に充てたいという人は多いのです。

在宅勤務を選ぶ理由:収入源を複数持つ

本業として会社勤めはしているけれど、もっと収入を増やすために、また複数の収入源をもっておいてよりフレキシビリティの高い生活が営めるように、在宅での副業をプラスしたいという人もいます。また本業も副業も在宅勤務で行うことで、よりフレキシブルに働きたいと考えている人もいるようです。

経験や知識のない人でも出来る?在宅での仕事の探し方

最近では仕事の経験がない人でもすぐにできるような手軽な作業や仕事を提供してくれるサイトもあります。これまで社会人としての経験があまりない人やバイトしかやったことがない人でも軽い気持ちで取り組むことができます。在宅の仕事は、プロの技術が求められるものから、初心者でもできる文章作成などの仕事まで色々あります。

在宅でできる仕事を探せるサイト

ココナラ スキルのオンラインマーケット

自分の得意なことが出品できるスキルマーケットです。スキルといっても子育てや恋愛相談などあなたにできることで在宅で働けます。イラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OK。出品は無料!すでに190万人のユーザーがいるため、イチから集客する必要はありません。登録して出品するのもいいですが、まずは出品しているサービスを見て自分で在宅でできる仕事を見つけてみては?

フジコさん オンラインアシスタント

在宅でアシスタントとしてチームで働ける職を提供してくれるサービスです。子育てやご家族の時間と仕事を両立されたい方や通勤時間を少なくしてご自身のキャリアも大切にしたい方。今のお仕事には時間に余裕があるので、スキマ時間を考えてオンラインアシスタントをやってみたい方、経験されたお仕事からさらにキャリアアップを望んでいる方など、在宅でお仕事に興味がある方におすすめのサービスです。もちろん男女問わず応募いただけます。

他にはどんな職種がある?在宅での仕事の種類

個人でWebショップを経営したり、広告つきブログを運営したりといった方法で、在宅の仕事によって収入を確保しているという人もいます。近年では、YouTubeなどの動画サイトに自分のつくった動画をアップすることで収入を得るYouTuberが話題です。Webから始まって、TVなどのメディアに出る有名人になるような人もいます。在宅でできる仕事と言えば、内職仕事のようなものが一般的でしたが、今では随分と様変わりしてきています。

まとめ

いかがでしたか?以前の在宅での仕事と違い、職種は様々なものがありますし、副業的な仕事だけでなく、本業でも在宅勤務を選ぶことができる時代になっています。自分の家族や健康の状況、プライベートの優先度合いも含めて、比較的自由な働き方ができます。自分の働き方を見つめなおして、在宅勤務という選択肢も加味しながら最適な道を考えるのはいかがですか?

-職種
-, , , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5