情報収集

就職サイト

就職と転職のコツは?良質な情報が豊富に手に入る環境作りにあり!

結論からお話ししますが、就職と転職の一番のコツは、良質な情報を豊富に収集する事です。現在は情報社会ともいわれますが、今更言うまでもなく、何かをスタートする際にはまずは情報を取得して正しい方向に努力することが大切です。そのためにも、正しい情報を取るためにはどうすればいいのか、今回は良質な情報の効果的な収集方法についてお話ししたいと思います。

就職・転職活動で良質な情報が重要な理由

就職に関しては学生から社会人になるといった大きな環境変化です。情報をたくさん得て納得いく形で就職することで、自分の思い描くものに比較的近い社会人生活を送れるでしょう。転職が当たり前のことになったとはいえ全体で1.8回一番多い40代で平均2.2回(*1)です。人生で何度も経験することではありません。しっかりと事前に情報を持っておくことで、転職後に期待と違って転職を繰り返すことがないようにしたいものです。

出典:ミドルの転職 「第2回 アンケート集計結果」 https://mid-tenshoku.com/enquete/report-2/

就職・転職活動で良質な情報を効果的に集める方法

現在はインターネットが当たり前の時代です。PCはもちろんの事、スマホからでもたくさんの情報を取ることができます。就職・転職活動も最初の第一歩はネットで登録をすることから始めるでしょう。

就職・転職で良質な情報を効果的に集める方法:数種類のサイトに登録する

まずは就職、転職サイトを見てみて、自分に合うと思うサイトに少なくとも4~5個位は登録しましょう。どうしてたくさん登録するのがおすすめなのでしょうか。それは企業側が人材を募集する時に、全ての就職、転職サイトを通して募集するわけではないからです。ほとんどの企業はせいぜい1つか2つのサイトを使用します。自分がとても興味がある企業からの募集が、自分が登録している就職、転職サイトで見つからないという事が十分にありえます。情報自体がなければ応募する事も出来ないわけで、せっかくの募集も逃してしまうことでしょう。まずはなるべくたくさんの就職、転職サイトに登録すると良いでしょう。

就職・転職で良質な情報を効果的に集める方法:サイトの条件設定を行う

就職・転職サイトは日々多くの情報を企業から手に入れており、膨大な量の情報があります。もしサイトに数個登録をしてすべての情報を手に入れようとした場合、毎日のようにいろいろなメールが来ます。多くの人はチェックが追い付かず、未読メールがたまる一方だと思います。一日に数百のメールを見て、判断をし続けるのは現実的ではないです。その際にはサイトの機能である条件設定機能を効果的に利用しましょう。職種や業界、希望する年収などで条件を設定して、条件に合う情報をセレクトして受け取れます。登録しているサイトが多いと企業情報や募集情報などは多くなります。ただその分いろいろなサイトの条件設定を使用できます。サイトの条件設定が自分に合うものとそうでないものがあることに気が付くと思います。自分に合わないものは登録解除するといいでしょう。

就職・転職で良質な情報を効果的に集める方法:スカウト機能を使う

就職・転職サイトには、スカウト機能というものがあります。スカウト機能を使うと候補者が企業からのスカウトを待つことができます。情報を自分から取りに行くことと並行して、スカウト機能を使う事で企業側からの非公開案件や条件に合う企業からのオファーを頂けるといったシステムです。これも非常に有用な機能です。ただこちらは情報の数としては少なくなってしまいます。こちらも数サイト登録することで様々な企業からオファーを頂けます。

就職・転職で良質な情報を効果的に集める方法:エージェントサービスを使う

就職・転職サイトでは多くの情報を取れますし、スカウト機能を使うと効果的に企業からの情報やオファーを頂くことができます。より自分に合った情報を手に入れるにはどうすればいいのでしょう。それはエージェントサービスに登録することです。エージェントは自分のために合う企業の情報をくれますし、企業の内部情報まで詳しく教えてくれます。また自分の条件を明確に伝えてくれるので、入社時の交渉も任せることができます。

まとめ

いかがでしたか。転職や就職にはコツがあります。こういったコツをおさえておくことで、活動自体を実り多きものにすることができます。情報社会です。情報を制する者は世界を制する時代です。自分の就職活動、転職活動を制するためにも、サイト、エージェントの登録から初めてはいかがですか?

-就職サイト
-, , , , , ,

© 2021 就活の極意 Powered by AFFINGER5